エホバの証人の地獄行き片道切符、輸血拒否カード

JW、危険な輸血拒否カード

エホバの証人(JW)は、ものみの塔聖書冊子協会が宗教法人格を有する宗教団体。キリスト教系を自称する新興宗教。

エホバの証人の教義には特殊なものが多く、最もヤバいのは輸血拒否の教義。エホバの証人は輸血拒否を始めとしてこれらの特殊教義を頑なに守ろうとする。

私がエホバの証人の子供としてこのカルト宗教を強要されていた1980~1990年代のこと。輸血拒否の教義を遵守するために輸血拒否カードというものが使用されていた。今でも似たようなものが使われているのだろう。

(※2022年追記、現在では名称が変わったのか、正式名称なのか「継続的委任状」と呼ばれている。)

エホバの証人は輸血拒否カードを首からぶら下げたり、財布の中に入れたりして携帯している。このカードにはご丁寧に「輸血を絶対にしないでくれ」と記載されている。万が一、自身の意識が無い状態で病院に搬送された場合を想定している。

身元を調べるために本人の荷物を調べたときに、輸血拒否カードが出てくるというカラクリ。医療関係者はこのカードを見てしまった以上、勝手に輸血をすることが出来ない。

「気づきませんでした」で処分すれば良いと思うのだが、結局は家族や周囲のエホバの証人がメンドクサイことに駆け付けてきて、輸血拒否を騒ぎ立てる。強引に輸血するとあとで裁判沙汰にされる。人命第一じゃねーのかよ?迷惑集団が。

輸血が生命維持の分岐点となる場合には、輸血拒否カードがあるために本人は輸血を受けられず、記憶が戻らないままそのままお亡くなりになる地獄行きの定期券。エホバの証人たちは、特に何も考えないままにこんなに恐ろしいカードを喜んで首からぶら下げている。

このカードは子供も同じように持たされている。私もエホバの証人をやめるまではこのカードを携帯していた。意識不明のまま輸血が必要な状態で病院へ搬送されるという事態になっていたらと考えると寒気がする。そのまま死んでしまっても何の文句も言えないのだ。「殺してくれ」と言っているようなもの。

地獄行きの片道切符

この輸血拒否カードは、年に一度署名する場が設けられていた。集会というエホバの証人の集まりで輸血拒否の教義について扱われる。その集会後、信者たちは新しく配布された輸血拒否カードに自分の署名を行う。

代理人の署名欄もある。家族が非信者であれば、会衆の長老という責任者が代理人欄に署名をすることになる。恐ろしい署名。父は長老だったので、無責任・無感覚・無自覚にもこの死の代理人になりまくっていたのではないだろうか。

エホバの証人の王国会館という強烈な洗脳空間でこの輸血拒否カードを記載する。信者たちは誰もが有事の際には輸血拒否で亡くなること想定している。もはや輸血拒否をしたために死ぬという殉教を夢見ている状態

エホバの証人の王国会館とは?

(※2022年追記、現在は王国会館でなく、自宅で記載する方式に変更されている。組織側の責任逃れのためか)

このカードを携帯している人はよく考え直した方が良い。現実に輸血をしなければ死ぬという場面に直面したとき、本当にものみの塔というカルトのために死んで良いのかと。

普段はそんな危険なシーンに遭遇するなど想像すらしていないので現実味がない。しかし実際にいざ死ぬとなると本当に輸血拒否をするだろうか?しかも輸血拒否教義の出所はうさん臭さ満点。

JWが命がけで輸血拒否するのは目立ちたいから

この疑問に少しでも迷うならば輸血拒否カードを携帯するべきではない。意識がなければ土壇場で自身の意思で自分の生命について考えることが出来ない。エホバの証人の輸血拒否カードは地獄行きの片道切符なのである。

生きているって素晴らしいことで、それが死なないと分からないというのは、バカは死ななきゃ直らないというのは上手く言ったもんだと。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください