JW、命がけのものみの塔崇拝、輸血拒否というブラックジョーク

進むも地獄、引くも地獄のエホバの証人2世

私は物心ついた頃からエホバの証人(JW)2世として育てられた。エホバの証人とは自称キリスト教系の新興宗教、米国発祥で世界的宗教組織に発展した。日本ではものみの塔聖書冊子協会が宗教法人格を有している。

わが家は両親共にとても熱心なエホバの証人だった。そのため、子供の私にもものみの塔協会の教義が厳格に適用されていた。これが2世、宗教2世信者。

私は自分自身の幼少期、極端に行動・生活・思想を制限された。ものみの塔協会の言いなりになっていた両親によって。人の考え方を制御し、自由を奪う。この経験から、私はエホバの証人をカルトだと考えている。

また、エホバの証人をもっとも世間と隔絶し、カルトたらしめる教義に「輸血拒否」の教義がある。これは自由だけに留まらず、信者の命まで奪う教義。

私が子供の頃の話、腕を骨折してしまった。もう30年も前のことになるが、小学校に入る前のこと。骨折の手術に輸血が必要になった。

両親は当然のように輸血を拒否。私もそれに同意しているとされていたのだが、小学校に入る前の子供が両親と違う意見を表明するのは難しい。

しかも死にかけている状態。そんな元気はない。輸血をされて生き残ったところで、エホバの証人2世の子供はエホバの証人組織から排斥される。愛する両親から背教者扱いされる。私は両親の言いなりになるしかなかった。

エホバの証人の子供が輸血の必要な重症状態に陥れば、それは進むも地獄、引くも地獄の人生の末路。

排斥とは、エホバの証人的重罪者を組織から破門にする処分のこと。現役信者は排斥者とは接触を許されない。例え家族であっても最低限度の接触しか許されない。

※後日追記。私はバプテスマという儀式を受けた正式なエホバの証人ではなかったので、排斥にはならない。とはいえ、生まれついての生粋のエホバの証人だった私が、自分の意思で輸血を行えば、組織内で排斥同等の扱いを受けるのは目に見えている。

エホバの証人世界とその信者である両親しか知らない子供にとって、それは死刑宣告も同じだった。

JW、命がけのものみの塔崇拝

両親は頑固に輸血拒否し医者を説得。医者は輸血無しで私の手術に臨むことになった。この手術が成功する確率は五分五分だと言われていた。輸血をすれば簡単に成功する手術。それをあえての50%の勝負に挑む。

私と母親は泣きながら神エホバに祈り、その甲斐があった訳ではないが私の手術は何とか成功した。

現在の私は、神エホバの存在など認めておらず、「エホバファック」と公言している。それでも、命の危機を運良く何度もくぐっている。これは持ち前の強運のおかげで、少なくとも神エホバのおかげではない。

心底エホバを呪う者、背教者の中の背教者である私を神が救う理由がない。別の本来の神々の助けなのか、または、この強運はものみの塔を葬るために持って生まれたものなのだと考えている。

五分五分の手術は失敗しても命に関わるわけではなく、骨折そのものが完治しないだけ。失敗すれば、また別の無輸血手術法を模索することになっただろう。

失敗しても死にはしない五分五分手術とはいえ、全身麻酔の数時間にも及ぶ大手術。小学校就学前の子供にとって精神的・体力的ストレスは半端なかった。その大一番を、最も安全と思われる医者が推奨する輸血手術で行わせない。

これがエホバの証人の親。少しでも子供のことを考えるならば、出来る限り負担の少ない方法で、手術の回数を減らしてやりたいと願うはずだ。事実私もそう願っていた。「怖い手術なんて一度で終わって欲しい」と。

エホバの証人の両親は、「五分五分で死にはしないから」と何度も無輸血チャレンジをさせるつもりだった。また、この頃の両親であれば、命に関わるという場合でも輸血拒否をしただろう。

子供の命より、ものみの塔協会の教義を遵守することを選ぶ精神状態。冷静に考えると恐ろしい話なのだが、当人たちは強烈なマインドコントロール下にあるので自分たちが全く間違っていないと信じて疑わない。

自分たちの信仰心に酔いしれている。子供が殉教しようものなら、ハルマゲドン後の蘇りが約束されると本人たちは洗脳されている。

人間が復活するなんてあり得ないし、輸血拒否の教義もものみの塔協会だけが主張する異端中の異端

命を粗末にする自殺行為が、神の是認を受けているということなど決してない

カルトによる洗脳で、こんな単純明快な客観的視線と思考力を失ってしまう。そうして暴走。命までをカルトに捧げてしまう。まさに命がけのものみの塔崇拝。

流血の罪、エホバの証人の輸血拒否

輸血はNGだがサルベージならOKというジョーク

私の手術だが、「出血した血液を冷凍して体内に戻すという方法」だと聞かされていた。血液を冷凍するというのは子供向けの説明だろう。この場合だと、すぐ体内に戻すので血液は汚れていないとものみの塔協会は主張している。

ものみの塔教義では、事前に自分の血を回収しておいて、手術の際に輸血する自己血輸血は禁止。いったい何が違うのか?時間?使用目的で事前回収した血が汚れるような環境で、マトモな医療行為が行えるとは到底思えない。

ものみの塔協会が自己血輸血を否定する理由は概念的な、至ってバカバカしいもの施術方法に輸血とついているから禁止しているのだろう。

私の受けた施術は、セル・サルベージや血液回収と呼称されているので輸血には当たらないという見解。呼び方の違いだけ。

とにかく、輸血は絶対に絶対に禁止!というのがものみの塔協会の教義。輸血とつかない治療法ならば血液をどう扱おうとOK。

こんな冗談じみた話に付き合って命を落とした信者も存在する。中には訳も解らず死んでいったエホバの証人2世の子供もいる。悲劇としか言いようがない。

JWが命がけで輸血拒否するのは目立ちたいから


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください