あれっ?JW、安息日と輸血って何が違うの?

エホバの証人の輸血拒否による「無駄死に」

私の両親は熱心なエホバの証人だった。エホバの証人とはキリスト教を自称する新興宗教。ものみの塔聖書冊子協会が日本では運営主体となっている。

私も物心ついたときには既にエホバの証人2世として育てられていた。2世とは親の宗教を強要される子供のこと。宗教2世。

私は、子供の頃に腕を骨折したことがあった。今から30年も昔の話。小学校に入る前のこと。その骨折の手術に輸血が必要になった。

ものみの塔協会の教義では、輸血は厳禁。輸血イコール排斥処分となる。排斥とは、エホバの証人組織からの破門のようなこと。排斥処分になるとエホバの証人社会では村八分状態になる。

ものみの塔がなぜ輸血を禁止しているかと言うと、聖書に動物の血を食べてはいけないと書かれているから。これは主に旧約聖書に書かれている事項。ものみの塔協会は、神とイスラエル人の古い契約を現在の現実に強引に当てはめている。

紀元前の人々にとって、動物の血を食べる、血抜きをされていない生肉を食べるということは、ある種、致命的だった。現在のような冷蔵保存技術や食肉の加工解体技術がないから。食中毒で一族全滅という事態も充分にありえた。

「無駄死に」を防ぐための施政的な決まり。日本でも明治時代までフグを食べなかった。そんなレベルの話。ものみの塔協会は、食血という概念をどこまでも飛躍させて医療行為にまで適用した。結果、多数の輸血拒否による「無駄死に」信者が発生している。

JWの「輸血しない方が良い3つの理由」が成り立たないワケ

輸血治療の普及を世界中に推進しているエホバの証人

安息日と輸血拒否の違い

エホバの証人は、輸血しないと命が助からないという状況でも輸血拒否。日本では輸血拒否したために亡くなった子供がいて、センセーショナルに報道されたことがあった。

自殺厳禁のキリスト教徒にとって、その頑迷さはもはや罪。命よりも輸血拒否の教義を優先する。安息日よりも命の救済を優先したキリストの教えは何処に行ってしまったのか?

安息日の決まりも旧約聖書の掟。神とユダヤ人との間の契約。現在のエホバの証人には安息日は適用されていない。なぜなら土曜日は布教活動、日曜日の午前中は2時間の集会、午後からは3時間の布教活動がエホバの証人には待っている。

平日をフル勤務しているエホバの証人がいるとすると、彼らに安息日はない。「土日を安息にあてよ」となると、信者を増やせず、ものみの塔組織の運営に支障をきたす。

都合の悪いところは聖書を都合良く解釈し、血の掟に関しては捻じ曲げ信者に強制する。ものみの塔が血の律法を輸血拒否にこじつけたのには裏のテーマがある。

輸血拒否の教義を守って他界すれば、エホバの証人組織内では殉教者扱いされ、歴代語り継がれる。ものみの塔側の狙いはこれ。特殊教義で組織の結束を高め、信者の洗脳を強化する。

カルト増殖のために無垢の命が不毛に散っていった。不毛ならまだマシ。無意味に奪われた命を残存カルト信者の洗脳増強に使っているのだから、死んだ方も浮かばれない。死んでまで社会悪に使われるとは。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください