輸血治療の普及を世界中に推進しているエホバの証人

カルトサイトからの引用が並ぶエホバの証人のwikipedia

エホバの証人がwikipediaで情報操作している件。マインドコントロールの項で、もっと操作担当のエホバの証人を刺激したかったのだが、返答が少なくなり洗脳の殻に閉じこもられてしまった。

先方のエホバの証人はこちらの正論に全く耳を貸さなくなった。サタンの手先だとか何とか思っているのだろう。その割には、wikipediaの情報操作だけは続けてくる。ここまでは前回

そこで、輸血拒否の項にも飛び火させてみるかと思い付いて、輸血拒否の項をちらっと読んでみる。

輸血拒否の項には堂々と出典元としてものみの塔協会のサイトが載っている。そもそもwikipediaのサイト全体をよくよく見てみると、出典元としてものみの塔協会のサイトがずらりと並ぶ。

wikipediaにカルトサイトからの引用を並べて良いのか?意味あるか?しかし、これはエホバをカルトではなく真理と信じて疑わない人々の行為なので辛抱強く対処するしかない。彼らエホバの証人の洗脳が解けんことを。

輸血を押し進めるエホバの証人たち

wikipediaの輸血拒否の項にあるカルト塔サイトからの引用は下記。この元サイトがものみの塔らしい無法っぷり。ここを突っ込んでwikipedia上でもうひと論争をと考えている。

現状のwikipediaは下記。

ある医学雑誌に2004年に掲載された記事に「エホバの証人に対して用いるために開発された技術の多くは今後,標準的な手法となってゆくだろう」と述べられた

これはものみの塔サイトからのそのままの引用。カルトの引用をwikipediaに貼り付ける神経を疑うが、エホバの証人は洗脳状態にあるので仕方ない。

ものみの塔の恣意的引用を証明するために原文まで遡っていく。原文だと下記

Many of the techniques developed for use in Jehovah’s Witness patients will become standard practice in years to come in the effort to conserve blood stocks and reduce the need for transfusion.

前半の”Many of the techniques developed for use in Jehovah’s Witness patients will become standard practice”は

「エホバの証人どもに使ったたくさんの技術は、今後数年でスタンダードな手順になるだろう」という意味。ここはものみの塔サイトと一致する。ものみの塔サイトを英語にしても同じ。問題はものみの塔サイトが後半部分を引用していないこと

後半部分の”in the effort to conserve blood stocks and reduce the need for transfusion.”は

「血液ストックの節約と輸血の必要性を減らすために」という意味。ものみの塔サイトは、この部分を丸っと削除している。

要するに、この医学雑誌の記事は輸血前提なのだ。血液ストックが減っているから、血液を節約するために輸血を減らす必要がある。その前提でエホバの証人に使った手順を使えるよということ。

輸血は必要だが血液が足りないというジレンマを抱えているから、輸血量を減らしたり、無輸血や代替血液でやってみたりということ。

ものみの塔サイトは、「輸血OK!」の医術書から喜んで都合の良い部分だけを引用している。ものみの塔協会は、エホバの証人信者たちはバカだから、ややこしい医学雑誌の原典まで調べないだろうとでも思っているのだ。

エホバの証人が輸血拒否をして血液ストックを節約することで、世界中の本当に輸血が必要な人に血が行き渡るようになる。エホバの証人は、自らが輸血拒否することで、適切な輸血治療の普及に一役買っているのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください