輸血治療の普及を世界中に推進しているエホバの証人

カルトサイトからの引用が並ぶエホバの証人のwikipedia

エホバの証人がwikipediaで情報操作している件。マインドコントロールの項で、もっと操作担当のエホバの証人を刺激したかったのだが、返答が少なくなり洗脳の殻に閉じこもられてしまった。

先方のエホバの証人はこちらの正論に全く耳を貸さなくなった。サタンの手先だとか何とか思っているのだろう。その割には、wikipediaの情報操作だけは続けてくる。ここまでは前回

そこで、輸血拒否の項にも飛び火させてみるかと思い付いて、輸血拒否の項をちらっと読んでみる。

輸血拒否の項には堂々と出典元としてものみの塔協会のサイトが載っている。そもそもwikipediaのサイト全体をよくよく見てみると、出典元としてものみの塔協会のサイトがずらりと並ぶ。

wikipediaにカルトサイトからの引用を並べて良いのか?意味あるか?しかし、これはエホバをカルトではなく真理と信じて疑わない人々の行為なので辛抱強く対処するしかない。彼らエホバの証人の洗脳が解けんことを。

輸血を押し進めるエホバの証人たち

“輸血治療の普及を世界中に推進しているエホバの証人” の続きを読む


エホバの証人の洗脳をwikipediaで解除する

エホバの証人とwikipedia

エホバの証人がwikipediaで情報操作している件、書き換え担当のエホバの証人とやり合って、論争には勝利。しかし、その途端、向こうのエホバの証人がこちらの質問に答えなくなった。であるのに、自分の都合の良いようにwikipediaそのものは書き換えてくる。前回までの話

相手のエホバの証人は、議論は無視、自分の主張だけ通し、質問しても「既に議論済」の一点張り。その議論でお前やり込められてるんだけど・・・

この独善的態度・偏狭的姿勢はものみの塔協会そのもの。洗脳下のエホバの証人らしい。wikipedia上で助け舟を出してくれている人も出てきたので、粘り強くやり続けるしかない。まずはこの情報操作担当のエホバの証人の洗脳解除を。

エホバの証人のマインドコントロールの項について、論争していたのだが、輸血拒否の項にも着火してみるかと思い付き、輸血拒否の項を読んでみる。

“エホバの証人の洗脳をwikipediaで解除する” の続きを読む


エホバがカルトでないと思っているのはエホバの証人だけ

エホバの証人が情報操作するwikipedia

エホバの証人のwikipediaがエホバの証人によって改ざんされている件。真実の姿に書きなおしている内に、エホバの証人側から警告を受け、論争に発展。wikipedia書き換え担当のエホバの証人と毎日やり取りする仲になる。

先方はものみの塔論理テクニックを駆使してくるので、ダラダラと話が進まない。論点を一点に絞って攻撃。無回答になったので、論争には勝利目前。

ちょっとした逃げ道を残しつつも追い込もうと思ったのだが、結果的に完全に追い込んでしまった形になる。ここは反省。

目的はエホバの証人との論争に勝つことではなく、このエホバの証人の脱塔とwikipediaを真実の姿にすること。wikipediaには論争の流れと過去の変更履歴が残る。エホバの証人が情報操作しようとしていたことが記録として残るのは良い。

前回までの流れはこちら

エホバの証人との論争に勝つ方法

“エホバがカルトでないと思っているのはエホバの証人だけ” の続きを読む


命より重い金をむしり取ろうとするものみの塔協会

エホバの証人を脱会させるためのwikipedia論争

エホバの証人のwikipedeiaがものみの塔協会によって都合よく書き換えられていた件。書き換え担当のエホバの証人と双方向のやり取りに発展。ものみの塔協会はエホバの証人をマインドコントロールしている・していない論争中。

「エホバの証人は、聖書の聖句から自分の行動・信念を説明できるのでマインドコントロールされていない」というのが先方の主張。自分の頭で考えて説明できるので、マインドコントロールでないということ。

それに対して、聖書を妄信しちゃダメ、聖書に依存しちゃダメだよねという話が前回。聖書を濫用しているものみの塔協会のせいで命を落としますよということ。

命の無限の可能性を否定するエホバの証人はカルト

輸血拒否で実際に命を落とした場合は分かりやすいが、今でも王国会館に通い続けている信者も命を失っているも同じ。生きているような顔をしているが、自分の自由意志を持たない生き方なので死んでいるも同じ。人間未満。王国会館で取って喰われるだけの家畜。

“命より重い金をむしり取ろうとするものみの塔協会” の続きを読む


エホバの証人のマインドコントロールについて輸血拒否から考える

エホバの証人とwikipediaで論争中

エホバの証人と思われる人物とエホバの証人のwikipedeiaで論争中。日本語が怪しいので

「あなたニホンジンですか?」と聞いたのが前回

結果、どうやら日本人であるか、日本支部に引き継いだことは間違いないと思われる。この人の脱塔を押し進めるべく論争継続中。

エホバの証人がマインドコントロールしている・していない論争の中の一文を攻めているのだが、それについての先方のエホバの証人の返答。目下マインドコントロール下の人の意見。

“エホバの証人のマインドコントロールについて輸血拒否から考える” の続きを読む


エホバの証人とのwikipedia論争~アメリカ本部の編集疑惑

継続中のエホバの証人とのwikipedia論争

エホバの証人がものみの塔協会に都合よくエホバの証人のwikipediaを書き換えている問題。私のものみの塔崩壊活動の一環として、エホバの証人はカルトでマインドコントロール軍団であると正しく書きなおした。

すると、警告が送られてきて、私の書き換えた部分が元に戻され、さらに悪い状態に書き変えられる。こんちくしょーと書きなおすがイタチごっこ。そこで警告に対して返信すると、該当のエホバの証人(と思われる人物)との双方向のやり取りに発展。

wikipedeiaを正しい姿に戻すことと、このエホバの証人の脱塔サポートのために双方向のやり取りを続ける。ここまでが前回

何言っても通じないほど洗脳が強固なのと、文面が翻訳チックだったので

「あなたはニホンジンですか?」と聞いてみた。

これに対して返答はなく、いつもの「信頼できる情報源が・・」云々かんぬん。そもそもテメーが引用しているものみの塔協会の出版物が一番信頼できねーっつーの。

しかし、本人は「ものみの塔協会の出版物」の信頼度が一番という洗脳状態。時間がかかるなと思いながらも、先方の追加してきた内容の一文ずつを指摘していくことにする。こちらから出した質問に答えなければ、あなたの一文は削除しますよということ。

エホバの証人のアメリカ本部が操作するwikipedia

“エホバの証人とのwikipedia論争~アメリカ本部の編集疑惑” の続きを読む


エホバの証人とのwikipedia論争(継続中)

エホバの証人とのwikipedia論争

エホバの証人のwikipediaの記事がをものみの塔協会に都合よく修正しているエホバの証人を発見。こちらも正しい状態にwikipediaを修正する過程で、先方とメッセージのやり取りがあり議論に発展。

エホバの証人とのwikipedia論争の続き

先方エホバの証人が、wikipedia内から背教本の引用をごっそり消そうとするので、止めてねと指摘。中立な記載を消すなと先に警告してきたのはそっちだよねと。すると、お前はもっと信用できる本からの引用を消してんじゃねーかという返答。(実際はお互いに紳士的に書いてますよ・・・)

こちらからは、①中立な引用は復元してもいい?②オレが消したってのはどこ?③信頼できるって何?箇条書きで質問する。ここまでが前回。

これに対する回答が

一般的にその媒体の情報の信頼性は、事典や辞典>専門家による書籍>個人による著書>インターネットなどのブログ 

あなた様が削除されたのは、「宗教百科事典」、「新ブリタニカ百科事典」、「アメリカの宗教」

あなた様が取り上げようとしているのは宗教学専門家による本でしょうか。それとも個人の主張や意見を本にしたものでしょうか 

ごもっとも。とは言えない話で、信頼性のランキングが一般的かどうかはともかく、仮にそれで良いとして、また話をすり替えている。だからものみの塔初級テク「すり替え」の濫用止めようよ。

あと質問のスルー。これはものみの塔中級テクニックとするか。頼むからイエスノーでよろしく。

“エホバの証人とのwikipedia論争(継続中)” の続きを読む


エホバの証人とのwikipedia論争の続き

エホバの証人とのwikipedia論争の続き

エホバの証人のwikipediaの記事が、ものみの塔協会向けに真実が捻じ曲げられて変更されていることを発見。偽られている部分をサクサクと削除したり、エホバの証人が削除した都合の悪い部分を復元した。

すると、そのエホバの証人から警告メッセージが来たので返信したりしてやり取りを始めたのが前回

今回はそのやり取りの内容をご紹介する。「ノート」の部分で公開されている内容で、個人的にやり取りした内容ではありません。

先方のエホバの証人(と思われる人物)の記載

あなたは自分の信念あるいは立場に基づいて偏見的見方を広めようとしています 繰り返しますが、記載編集について ウィキペディアは中立的観点を柱としています。非中立的、一方的な意見の記載を避けてくだい。あるいは多面的な見解がある場合、その見解を削除しないでください 

それに対して私の回答。いろいろ削除したり、追記したりして良く分からなかったので、とりあえず出回っている背教本の記載を削除してくる点について指摘してみる。この背教本の引用は私が記載した訳でなく、元々あったのをこのエホバの証人が消すのをヤメてねということ。

はじめまして。一般的に流通している書籍に”「・・・」の記載があった”という事実だけの投稿は中立ではありませんか?削除される所以はないかと。

先方の返信

“エホバの証人とのwikipedia論争の続き” の続きを読む


エホバの証人とのwikipedia論争

エホバの証人とのwikipedia上での論争

ものみの塔協会にとって都合よくエホバの証人のwikipediaの記事が書き換えられていることを発見。気持ちよく偽られている部分を削除していたのだが、エホバの証人と思われる人物から警告が送られ、削除した部分が復元される。

警告のメッセージは無視して、削除すると、再度、同一人物に復元されるという大人気ないイタチごっこが勃発。そろそろメッセージに対して応えて双方向のやり取りをするかと思い始めていたのが前回

wikipediaの会話機能を使って、初対面の挨拶と問いかけをしてみたのだが、すぐに回答が返って来る。レスポンスは良い。

ところが、言ってくることは的外れだし、都合の悪い質問はスルーされる。自分にとって有利なことしか言ってこないので、会話としては成り立ちにくい。

論争という観点からすると、特に問題無く圧倒できると考える。エホバの証人的こじつけと、論点の飛躍・すり替えという、ものみの塔初級テクニックを使ってくるので、注意していれば問題なく対応可能。

ただ、相手に理解して行動を変えて貰えるかどうかは別。論争に勝ったところで何の意味もない。

第一の目的は相手のエホバの証人の脱塔。第二にwikipediaを真実の記述だけにすること。相手が論争に負けても理解を示さず、wikipediaを捻じ曲げ続けられると本末転倒。

おあずけを喰らうエホバの証人

“エホバの証人とのwikipedia論争” の続きを読む


エホバの証人はwikipediaを編集してはいけない

エホバの証人のwikipedia

wikipediaのエホバの証人のページに、ものみの塔協会にとって都合よく記載されていた項目があり、修正した。エホバの証人のwikipedia

すると、おそらくエホバの証人だと思うのだが、警告がwikipediaの会話機能で送付されてきて、私の修正が差し戻される。

こちらも、さらに元に戻してとイタチごっこになったのだが、先方は勢い余って全然関係ない一般書籍からの引用部分もどんどん消し始めた。一方的見解・非中立的記載であるという理由で。

エホバの証人の操作するwikipedia

エホバの証人にとっては背教本なので、本人にとっては一方的なのだろうが、外部の我々から見ると至って普通の本。一般書籍にこういう批判的記載があったという事実まで歪められているので、困ったもの。

先方の仮想エホバの証人は、けっこう執念深くて、私が修正するとすぐに訂正を入れる。ふとwikipediaを見に行くと元に戻されているという状態。

双方向で(こちらからメッセージを送るなどして)やりとりすべきなのかとも思い始めているのだが・・・。だいぶ洗脳が深そうなのでどうしたものか?読者諸氏の意見があれば欲しいものです。

私としては、

“エホバの証人はwikipediaを編集してはいけない” の続きを読む