エホバの証人とのwikipedia論争~アメリカ本部の編集疑惑

継続中のエホバの証人とのwikipedia論争

エホバの証人がものみの塔協会に都合よくエホバの証人のwikipediaを書き換えている問題。私のものみの塔崩壊活動の一環として、エホバの証人はカルトでマインドコントロール軍団であると正しく書きなおした。

すると、警告が送られてきて、私の書き換えた部分が元に戻され、さらに悪い状態に書き変えられる。こんちくしょーと書きなおすがイタチごっこ。そこで警告に対して返信すると、該当のエホバの証人(と思われる人物)との双方向のやり取りに発展。

wikipedeiaを正しい姿に戻すことと、このエホバの証人の脱塔サポートのために双方向のやり取りを続ける。ここまでが前回

何言っても通じないほど洗脳が強固なのと、文面が翻訳チックだったので

「あなたはニホンジンですか?」と聞いてみた。

これに対して返答はなく、いつもの「信頼できる情報源が・・」云々かんぬん。そもそもテメーが引用しているものみの塔協会の出版物が一番信頼できねーっつーの。

しかし、本人は「ものみの塔協会の出版物」の信頼度が一番という洗脳状態。時間がかかるなと思いながらも、先方の追加してきた内容の一文ずつを指摘していくことにする。こちらから出した質問に答えなければ、あなたの一文は削除しますよということ。

エホバの証人のアメリカ本部が操作するwikipedia

論点を先方の一文の削除、個人的意見であるという理由で。且つその意見に対抗する私の至って個人的意見で反論。答えられないなら、その一文を削除しますよというメッセージを送る。

すると、割と長文でまともな日本語で返ってくる。こちらの胸襟を開いて意見を述べたのが良かったのか。先方も自分の意見を日本語で書きだした。

もしかすると中身が入れ替わっているのかもとも想定できる。私の

「あなたはニホンジンですか」に回答しなかったのは、アメリカ本部の人間が書いているから。

「ニホンジンでなくて何か悪いんじゃ!」と返答が来れば、日本語のwikipediaは在住の日本人が記載するべきで、合衆国の方は英語のJWの方へ記載して下さいね。で決着をつけるつもりだった。

日本のエホバの証人と合衆国のエホバの証人では状況が異なる。そこら辺の機微を、言葉もあやふなな状態で正確に書ける訳がないでしょということ。

これを察して本国アメリカ本部の人間から日本の支部の人間に引き継いだか。もしくはエホバの証人個人的行動で、こちらのさらけ出しに対応して、踏みこんで来たかのいずれか。

どちらにせと、まともに日本語に通じる相手であることは明らかなので、粘り強く洗脳解除に至るように継続対応していく。


“エホバの証人とのwikipedia論争~アメリカ本部の編集疑惑” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください