エホバの証人のマインドコントロールについて輸血拒否から考える

エホバの証人とwikipediaで論争中

エホバの証人と思われる人物とエホバの証人のwikipedeiaで論争中。日本語が怪しいので

「あなたニホンジンですか?」と聞いたのが前回

結果、どうやら日本人であるか、日本支部に引き継いだことは間違いないと思われる。この人の脱塔を押し進めるべく論争継続中。

エホバの証人がマインドコントロールしている・していない論争の中の一文を攻めているのだが、それについての先方のエホバの証人の返答。目下マインドコントロール下の人の意見。

エホバの証人は

自分がどうしてこのような考えや行動を取るのか、その理由や根拠もすべて聖書から説明できます。そしてもし仮に(有り得ませんが)神が存在しないことや聖書の正しさを覆す圧倒的な証拠が出されれば、彼らは自分で納得して、自分の考えや行動を変えるでしょう。

これはマインドコントロールされている人にはできることではありません。マインドコントロールされている人は、自分で考えて行動しているのではないからです。

証明できないことを知っていて証拠を求めるエホバの証人

エホバという神はいないんですけどね・・・。こればかりは証明できないからな・・・

「エホバ、死ねー(元々存在しないから死にようないけど)。ファーック」的なブログを書いているオレがピンピンで生存していることは証明には・・・ならないよね。

うっかり死なないように気をつけます。「エホバが・・・サタンが・・・」って言われちゃうので。オレですよ。オレ。エホバとかサタンとか架空の存在に自分の人生が左右されちゃかないませんオレがオレの力で、家族と友人と周囲の人の助けを借りて、楽しく笑って生きているのです

エホバファックでも楽しく生きて行けますから。エホバは偽神。ものみの塔は偶像・組織崇拝の対象ですよ!!!

聖書が正しいかどうかも証明はできないでしょ。文学作品としては最高傑作のひとつという見解もある。そう、もともと聖書は作品なので、正しいも正しくないもないのだ。素晴らしいと感じるか駄作と感じるか、旧約は良いが新約はしょーもないなという感想があるだけ。

こいつは確信犯なのか、ものみの塔協会の主張をそのまま伝書鳩しているのかは分からないが、証拠が出てこないのを知っていて、証拠が出たら、行動を変えますよと言っている。

自分の頭で考えていないエホバの証人

自分の行動や思想の根拠を聖書から説明できます!だからマインドコントロールされてません!という主張なのだが

聖書から根拠を説明しちゃダメだって。それじゃ聖書にマインドコントロールされてんじゃん。つまり聖書を笠に着たものみの塔協会のマインドコントロール下にあるということ。

聖書に「血を食べちゃ、あかんぜよ」って書いてあるので輸血せずに死を選びますって言っちゃうってことでしょ。

エホバの証人は、命がけの行動までをものみの塔協会にコントロールされているのだ。

自分で考えて行動するということは、

聖書に「血を食べちゃ、あかんぜよ」と書いてあるが、これをものみの塔協会は無制限に適用し、輸血にまで拡大解釈している。

そもそもこれは血抜き技術の未熟だった頃の律法の話で、時と場所を超えて適用されるものではない。現在であればクジラだってきっちり処理されてれば、喰っても安全。生のレバ刺しとかユッケの方が危ないので禁止になったじゃん。

昔のイスラエル人が変なモン喰って死なないための忠告を、一周廻って輸血拒否で死んじゃうなんて、あり得ないっしょ。そんなこと言って子どもを殺しているものみの塔協会はカルトに違いない!ならば崩壊させるべし。

これが自分の頭で考えて行動するということ。


“エホバの証人のマインドコントロールについて輸血拒否から考える” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください