エホバの証人二世の子どもはエホバの証人の親に殺される

エホバの証人の懲らしめの鞭とは

私は物心ついた頃に初めて、母親によってエホバの証人の王国会館へ連れて行かれた。当初、小さな私は王国会館で行われるエホバの証人の集会を拒否してぐずっていた。

しかし、父親まで一緒に王国会館へ行くようになり、私も集会の間は大人しくしているしかなくなった。ちょっとでも静かにしていないと懲らしめの行われる部屋へ連れて行かれ、しこたま痛い目に会う。

懲らしめとは完全な体罰で、パンツを脱がされ、声を上げて泣くまでお尻を叩かれる。その後で集会場に戻り、周囲の痛い視線を浴びるのは子供ながらに自尊心が傷つけられた。

逆に両親は聖書の教えに従い、懲らしめのムチを振るっているということで、周囲から絶賛される。そうして微かな自尊心をくすぐられる。こうしてエホバの証人の親たちは体罰は素晴らしいことであると洗脳されていく。

エホバの証人の子供にとってこの世は生き地獄

エホバの証人2世の子供が何らかの欲求を主張したとしよう。その際、エホバの証人の両親は、子供の欲求がものみの塔協会の教義に沿っていない場合はそれを力ずくで矯正する。

強引に強制的にその修正は行われる。それが親の責務だと洗脳され信じ込んでいるから。エホバの証人2世の子供には手痛い体罰が待っているので、彼らはすぐに自分の希望を口にすることをやめてしまう。

それでも子供がその要求を曲げなかったとする。その場合は、子供が悪魔サタンの誘惑に負けていて、子供の行為は悪魔の行為と同等であると親は信じている。結果、さらに強烈な懲らしめが待ち受けている。

エホバの証人の子どもは、自分の願いや思いを叶えること、さらには主張することすら諦めてしまう。自由意志の無い人生など生きている意味などない。エホバの証人の二世信者たちは、ものみの塔から自由にならない限り、生きている意味などないのである。

子どもを殺すエホバの証人

カルトの洗脳に陥るような親である。元々が精神的に未熟。

子育てに彷徨い、行き詰まり、それでも周囲の助けを得て学びながら、親自身も成長していくべきだったのに、エホバの証人は安易なカルトの教えを妄信することで、子育ての悩みを全部解決できたと思い込んでいる。その解決策は下の下の下策の虐待。

この虐待、懲罰の度合いはどこまでも増していく。子供が最後まで折れない場合、やがては子供を死に至らしめる。子供が伸び伸びと成長できる環境は、エホバの証人の家庭には存在しない。

エホバの証人の独特の教義である輸血拒否で死んだ子供もいる。エホバの証人の親は子供に対して、現実の死を与えるか、自由を奪い精神的な死を与えるか。エホバの証人の子供にとってこの世は生き地獄。

元エホバの証人二世の友達や幼馴染


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください