元エホバの証人二世の友達や幼馴染

消滅するエホバの証人の友人関係

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。両親はともに熱心なエホバの証人だった。私が幼い頃は、大都市の郊外に住んでいたのだが、9歳のときに田舎に家族で引っ越すことになった。

私はド田舎の中学校に通っていたのだが、同学年にエホバの証人二世が私を含めて3人いた。我々エホバの証人二世の3人は、ものみの塔協会が禁止している学校の行事などには参加しないというスタンスで足並みを揃えていた。

しかし、私は中学2年生のときに自分の意志でエホバの証人をやめる。私がエホバの証人をやめたことで他のエホバの証人2世の2人との交流は無くなった。もともとお互いにエホバの証人だったという理由でつながっていただけの関係。誰かがエホバの証人組織をやめればその関係は消滅する。

エホバの証人をやめることでエホバの証人組織の人間関係はほぼ全て失われる。むしろエホバの証人をやめる側の私からすれば、気味の悪い新興宗教団体に属している人間との接触は避けたい。格好悪い奴らとつるんでいるのはもううんざりということ。

また、エホバの証人組織の人間に関わると自分のエホバの証人2世として育てられたという暗い過去を思い出すことになる。それも望ましくない事態。

その暗い過去は隠したい事実で触れられたくない事項。この頃の私は、自分のエホバの証人という過去を知るエホバの証人組織の人間とは一切顔を合わせたくなかった。

かつて友達だったエホバの証人たちを辞めさせるには

エホバの証人と顔を合わせたくないという思いは、現在でもはそんなに変わっておらず、自分のエホバの証人だった過去をようやく整理し始めているという状態。昔関わりのあった会衆のエホバの証人たちを積極的に訪ねて行こうという気分にはなれない。

偶然にでも会うことがあれば全力をあげてカルトからの脱出の手引きをしたいと思うのだが、その全力投球は深いマインドコントロール状態にある人間にとっては逆効果。余計に意固地になり、殻に閉じこもってしまう。

また、反対者はサタンの手先とものみの塔協会によって暗示をかけられているため、急進的な反対は相手のエホバの証人に避けられてしまう。辛抱強く緩やかに洗脳を解く手引きをしていかなければならない

しかし、残念ながら昔関わったエホバの証人たちに私はそこまでの思い入れはない。私が関わっていたド田舎のエホバの証人組織に魅力的な人物など皆無。何とか自力でこのカルトから脱け出すきっかけを掴んでくれたらと思う。

幼い頃、ド田舎に引っ越す前のエホバの証人二世たちは幼馴染と言える。生まれながらエホバの証人にされた被害者。戦友。30年は会っていないので、再開してもお互いに気付くかどうか。もうみんな無事に脱会していると良いのだけれど。

友達の出来ないエホバの証人


“元エホバの証人二世の友達や幼馴染” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください