進化論を否定するエホバの証人の態度から読み取れる偽善体質

エホバの証人と進化論

エホバの証人は徹底的に進化論を否定する。人間は聖書に書いてあるとおりに神が創造したものだと主張している。インテリジェント・デザインとか何とか格好の良いことを言って、神による人間の創造を主張している。

神が人間を創造したなどとは証明のしようのないことなので、どうでも良いのだが、エホバの証人は絶対に譲らない。証明のできないことだけに、自身の主張が絶対正しいと言って下がらない。

進化論・生物学の権威であるチャールズ・ダーウィンなどはエホバの証人から目の敵にされている。

ものみの塔協会の書籍では時折、辞典や学者の著作物から引用があり、それらの権威を笠に着て自身の主張を正当化している。であるのに、ダーウィンのように自身の主張と異なる者については、いかに一般的な権威者であろうと批判の対象になる。(ダーウィンは祖国英国では功績が認められ英国国教会ウェストミンスター寺院に埋葬されている)

これが、都合の良い部分だけ、世俗の評判を持ちこむものみの塔戦術。そして、都合の良い箇所だけ取って切って貼ってのものみの塔的恣意的引用

このブログは圧倒的な背教者ブログである。しかし、どこか一つの記事を「エホバの証人は上位の権威に服し、隣人を愛するようにものみの塔協会に指導されている真面目な人たちです」のようなエホバの証人肯定一色にすると、その記事を恥ずかし気もなく引用するということ。(タイトルが背教者一色なのでダメか・・・)

合掌しないエホバの証人の祈り方から伺えるものみの塔協会の二面性

人類を創造した神こそ人類の想像の産物

神は人間の想像の産物。人間の思念・想念の結晶。想像された物が意思を持つ人類を創造できるはずがない。

そして、エホバという偽神はエホバの証人たちの思念の結晶であり、エホバの証人・元エホバの証人たちの怨念がこもった負の結晶物

輸血拒否で死んでいったエホバの証人もいるので相当な負のオーラの結晶。死んでいった本人にすれば、楽園での永遠の命というものみの塔協会の人参が大ウソだったことが明らか。復活してないからね。

彼らの怨念の集合体であるエホバはヤバい。近寄ると自分まで汚染されるよ。

元エホバの証人2世の経験からすると、王国会館に通うようになって、私の家族は病気がちになった。さらに、王国会館には病気がちな人が多い。病気が楽園で治ると騙されている人もいるのだが、私の家族のように明らかに周囲の不健康が伝染している人もいた。

エホバの証人には近寄らないに越したことはない。でなければ、私のように徹底抗戦するか。現役信者の人も早く王国会館から逃げだそう。

エホバの証人の王国会館に病気の人が多い理由

エホバの証人の王国会館に流行る病


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください