エホバの証人のベテル・日本支部・世界本部とは

エホバの証人の日本支部・海老名ベテルとは

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』より。ベテル奉仕までした元エホバの証人の作者が書いた本。絶版になっているので手に入れるなら中古本で。

 

ベテルとはエホバの証人の各国の本部のこと。この本の作者は、当時アメリカ・ニューヨーク・ブルックリンの世界本部のベテルで奉仕している。エホバの証人的にはエリート。一般的には激ヤバだが。

ベテルとはオウム真理教で言うところのサティアンなのだが、いわゆる新興宗教的なヤバさはない。精神的危険度は充ちているのだが、曼荼羅があったり政府転覆を計って武器製造をしていたりということはない。(多分。)

私も30年以上前に海老名の日本支部のベテルを見学したことがある。清潔感のある近代的な建物に、製本の臭いがする印刷工場と住み込みで奉仕活動をする信者たちの住居施設があるだけ。

エホバの証人の日本支部・海老名のベテルには、日本中の信者たちがバスに乗って見学に来ていた。製本ラインや居住スペースなど見学してありがたがって帰っていく。

私もその気がないのに、将来はベテル長老になりたいと言ってみたりして、両親を喜ばせたものだ。父は「お前がベテル長老になったら、母さんは泣いて喜ぶなと」喜んでくれた。価値観を狂わされた最低な家族だ。

エホバの証人のベテル奉仕者は最も洗脳が深い

作者は以下のように書いている。

ベテルにいて三〇〇〇人の奉仕者と共に生活していると、世界全体には証人たちしかいないという錯覚にとらわれる。果たして証人でない人が世の中にいるのだろうか?当時はむしろ街で見かける他の人たちが特殊な人たちに思えていた

作者は自身の全てを投げ打って、ものみの塔協会に全てを捧げるという完全に特殊な状態にあるのだが、それに気づいていない。エホバの証人しかいない空間に放り込まれ、完全なマインドコントロール状態にある。

外部を見えなくして、周囲を均一的なもので覆い、その周囲との一体感に浸らせる。一点だけを注視させる。マインドコントロールの常とう手段。エホバの証人の中でも、ベテル奉仕者は特に深い洗脳状態にある

そのベテル奉仕はエホバの証人組織内では特権とされ、若い信者はベテルで働くことを夢見ている。ものみの塔協会は、信者たちの自己顕示欲・優越感をあおり若者たちをベテルという墓場に引きずり込んでいる。

ベテルという墓場

 


“エホバの証人のベテル・日本支部・世界本部とは” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください