エホバの証人ベテル崇拝という罪、人生の墓場=海老名ベテル

エホバの証人の子供に強制されるベテル奉仕願望

私の両親は、完全にものみの塔協会の洗脳下にあるエホバの証人だった。私はその一人息子でエホバの証人のこてこての二世信者として育てられた。

エホバの証人というのはキリスト教系を自称する新興宗教。日本では、ものみの塔聖書冊子協会が宗教法人として活動を行っている。二世信者というのは親の宗教を強制される子供のこと。

父が、ある時にまだ子供だった私にこう言った。

「お前がベテル長老になってくれたら本当に嬉しい、お母さんは泣いて喜ぶだろう」

この場合のベテルとはエホバの証人の日本支部のこと。神奈川県海老名市に存在する。国内信者の統括とエホバの証人用の宗教本の製造・配送が行われている。

ベテルで無償奉仕することはエホバの証人にとって特権とされている。その中でも出世し長老にまでなってくれたら、両親は本当に嬉しいのだそう。

私の家庭では、「プロ野球選手になりたい」などという子供らしい純粋な夢を口に出すことは出来なかった。「大人になったらベテルに入って奉仕したい」と言わなければならなかった

エホバの証人のベテル・日本支部・世界本部とは

エホバの証人のベテル崇拝

ものみの塔協会のベテルという非生産的製造施設は、洗脳下のエホバの証人の憧れの場所。ベテルではものみの塔協会の宗教本が印刷・製本されるのだが、それらは何の価値も無く、有害な書籍。ベテル奉仕は非生産的活動そのもの。

エホバの証人は神エホバのみを崇拝し、偶像や建造物に崇敬の念を示すことはないことになっている。しかし、実際はこのベテルもエホバの証人たちの崇拝対象になっている。

一生に一度はベテル詣(もうで)という感覚で、エホバの証人たちはバスに乗り合わせてベテル見学に訪れる。私も、かつて海老名ベテルに訪れたことがある。冬休みの家族旅行がベテル見学なので、両親は、貴重な数少ない家族の思い出をエホバという猛毒で汚したことになる。

多くの若者が世俗の全てを切り捨ててベテルに入る。ベテルでは住み込みで働くため。全国の信者の寄付で三食・寝る所は養われるが、基本は無給。自発的奉仕という性格のため。わずかなお駄賃は支給されるようだが。

ベテル奉仕はまさに殉教。彼らは濃厚なマインドコントロール状態にあり、ベテルを崇拝している。よって、ベテル奉仕を大きな「特権」、喜びだと感じて何一つ迷いや疑問を感じない。

ベテル奉仕者は洗脳信者内で一目置かれ、本人も鼻高々。人物をベテル奉仕者という肩書きで判断する。これもベテル崇拝のもたらす所。

よく分からんベテルなんか崇拝しちゃってるから、無職でお先真っ暗のベテル奉仕者を

「ベテル奉仕者、すげ-。カッコいい!」となっちゃう。盲目。

エホバの証人(JW)が崇拝する統治体とものみの塔

エホバの証人と十字架~ものみの塔という偶像

エホバの証人の日本支部・海老名ベテルという墓場

エホバの証人のベテル奉仕者にとって、ベテルはこの世の墓場となる。若さ、将来、世俗のキャリアの全てを失う。

ベテルから脱出し、エホバの証人を辞めたとしても後遺症が残る。かつてエホバの証人の出家信者だったなどと履歴書には書けない。無職期間が残ってしまう。

人生の全てを投げ打ってカルト宗教の総本山で働くなど愚の骨頂だが、両親は私のベテル入りを心から望んでいた。

海老名ベテルで、何の価値も生み出さないものみの塔協会の宗教本を製作することを、私は心の底から両親に望まれていた。これがものみの塔協会による洗脳の効果。


“エホバの証人ベテル崇拝という罪、人生の墓場=海老名ベテル” への2件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください