愛する親によってがんじがらめにされるエホバの証人2世

親の顔色を伺うエホバの証人2世

子供の望む大抵のことは、ものみの塔協会によって禁止されているか推奨されていない。

エホバの証人の親たちは敬虔なクリスチャンであろうとして、盲目的にものみの塔協会の教義に従う。そのため、エホバの証人二世の子供たちは親から厳格過ぎるものみの塔協会の教義を押し付けられる。

子供たちは様々なことに興味を持ち、試してみて将来を夢見る。ところがエホバの証人の子供は親によってその希望全てが打ち砕かれてしまう。

それでもエホバの証人2世の子供たちは親を愛していて、親の愛と是認を得ようとする。これは当然のこと。子供は親がいなければ経済的に自立する力がまだ備わっていない。親の承認を得て生活全般の保護を受けなければ生きていくことが出来ない。

また、無力な子供が保護者の愛情を必要とするのは当然のこと。説明するまでもない。もはや本能レベル。

父親に褒められたいというエホバの証人二世の叶わない願い~エホバの証人の親のすべきこと

エホバの証人二世の子供の苦痛に満ちた少年時代

エホバの証人の親子間では意見や見解の相違が頻発する。子供ながらの朗らかな要望と、ものみの塔協会が信者に要求するものが全く異なるから。それでもエホバの証人2世の子供は物質的にも精神的にも親を必要とせざるを得ない。

エホバの証人の子供は自由は得たいが、親の保護と愛情は必要。必然的にエホバの証人の子供は親の顔色を伺いながら生活するようになる。お互いの一番いい妥協点を探るため。

どこまでなら親に怒られないか、そればかりを考える。親に怒られることは、エホバの証人家庭では体罰という暴力を意味する。このため、なおさらエホバの証人の子供は親の顔色を伺わざるを得ない。エホバの証人の子供は、子供らしさの欠片もない生き方をすることになる。

エホバの証人2世の子供は両親からの問いに対して”模範”的な回答をしなければならない。日曜日の王国会館で行われるものみの塔誌の質疑応答と同じである。全て予定調和。エホバの証人2世の子供は必ず親の期待する答えを出さなければならない。

大人になったら何になりたいですか?の答えはプロ野球選手ではなく「ベテルに入って働きたいです」。そんなことを心の底から思っている訳ではなく、親が望んでいるからそう答える。

私が将来はベテル奉仕をしたいと言うと両親が喜ぶから。そう答えると両親に認められるから。逆に、そう答えなければ両親に愛されないから、そういう回答をせざるを得ないのである。

全てを破壊するエホバの証人のこらしめ

仮に私が幼児期から親に対して毅然とした態度をとっていたらどうなっていただろうか。

「大人になったらベテルになど入りたくない。今晩は王国会館にも行きたくない。小学校に入ったら野球チームに入って日曜日は野球の練習をする。大人になれば野球選手になるのだ」と、子供らしい意見をしっかりと言えていたらどうだっただろうか。

私が親に対して自分の意見を通したのは、14才のとき。中学生になってから。半端に中学生になってから、エホバの証人をやめると言い出したから、私の家族は崩壊したのかも知れない。

小さな子供の頃から親の顔色などを伺わずにしっかりと自分の意見を言っていれば良かったのではないか。「もう集会には行きたくない。今日はテレビで戦隊ヒーローものを見るのだ」と。

子供が強く望んでいるからということで、私の両親は許してくれただろうか。決してそんなことは無い。もっともっと強く抑制・矯正しようとする。そのために行われるのが懲らしめという名の体罰。

幼い私が親に対して、自分の意見を通そうとしたなら、暴力ラッシュで子供の私の精神は持たなかった。暴力により肉体の方が壊されていた可能性もある。結局、エホバの証人の子供は幼い間は、親の言いなりになるしかない。その間に精神を蝕まれていく。


“愛する親によってがんじがらめにされるエホバの証人2世” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください