エホバの証人はエホバの証人でない家族を愛することができない

多くのエホバの証人二世の人たちへ

私はほぼ生まれながらのエホバの証人の2世信者だった。14歳のときに自分の意志でエホバの証人をやめた。両親は尋常でなく熱心なエホバの証人であり、初めて「もう集会には行かない」と両親に告げたときのことをよく覚えている。心を引き裂かれる思いだった。両親の期待と愛情を裏切る気持ちだった。

同じようにエホバの証人をやめたいと願っているが、行動に移すことが出来ない人が多くいる。その人たちの覚醒と決断に少しでも役立つことが出来ればという思いで私はこのブログを書いている。

エホバの証人二世の人たちへ。あなたが本当にエホバの証人の親から愛されているかどうかは、あなたがエホバの証人をやめた後で明らかになる。

エホバの証人信者たちはよく”親ゆえ”に子供たちが信仰を守っていると言う。同じように、あなたの親はあなたが”エホバの証人であるがゆえに”愛してくれているのではないだろうか

愛する親によってがんじがらめにされるエホバの証人2世

いつかエホバの証人をやめるという二世信者の希望

エホバの証人の親はエホバの証人でないあなたを愛することができるか

あなたの親は、エホバの証人をやめたあなたに今まで通りに愛情を注いでくれるだろうか。結果はどちらでも良い。エホバの証人をやめたことが原因で、親からの承認が得られなくなれば、それで晴れてものみの塔協会からも親からも自由になることが出来る。

家族の洗脳を解こうと思ったら一気に、チャンスは最初の一回だけ。ネットでダウンロードできるJW解約資料を使おう。

ものみの塔スキャンダルを糾弾したJW解約資料の効果的な理由3点

洗脳解除に失敗しても、親に選ばれなくとも、それはそれで仕方がない。心の底から残念だが、親は親であり、彼らの生き方がある。自分とは別人格なのだ。

別に親がいなくとも生きていける。親の洗脳がいつか解けることを祈るしかない。下手に干渉しても、あなたのことをサタン扱いして意固地になるだけ。

これは親子関係に限ったことではない。ものみの塔協会は家族よりも組織への忠誠を要求するカルトである。カルトに忠実であろうとすると(本人は神に忠実であろうとしているつもり)、基本的にはエホバの証人はエホバの証人でない家族を愛することが出来ない。

もしもあなたがエホバの証人をやめた後でも、あなたの親の愛情がものみの塔協会が定める最低限の生活の保障に留まらないのなら、あなたの親は素晴らしい親。

ものみの塔協会よりも、肉親の子供であるあなたを優先することが出来る正常な感覚を持っている。あなたも同様に親に対して愛を注ぎ、王国会館からの脱出の手助けをするべき。普通の親子に戻るまたとないチャンス。

急ぎ過ぎてはいけないし、強硬にことに及んではいけない。ゆっくりとノーマルな親子関係へと歩んでいけばいい。その過程であなたの親はマインドコントロールからの解放に向かう。エホバの証人組織よりも愛すべき子供であるあなたを優先したという段階で洗脳が解ける兆しがあったから。

ものみの塔協会よりも我が子を優先してしまったという罪の意識に苛まれている親をいたわろう。愛すべき我が子を優先するのは利己的ではなく当然のこと。家族を平気で引き裂こうとするカルトの方が異常。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください