脱会エホバの証人二世と現役エホバの証人である親との関係

ものみの塔のマインドコントロール下にある愚か者

私はほぼ生まれながらにして、エホバの証人2世として育てられた。エホバの証人というのは、自称キリスト教系の新興宗教、2世というのは2世信者のこと。両親は異常に熱心なエホバの証人で、その1世信者の信仰を押し付けられる子供が2世信者。

私は一人息子だったので、両親の宗教強制は私に集中した。私は14才になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。私がエホバの証人の王国会館という集会所に行かないと言い出したことに、両親は相当に動揺していた。

両親は愚かなことに、エホバの証人を運営する宗教法人ものみの塔聖書冊子協会の深いマインドコントロール化にあった。

その後の両親は、いつか私がエホバの証人に戻って来ると信じることで何とか正常な精神状態を保っていた。しかし、相当の覚悟でエホバの証人をやめると決意したので、もう一度戻るなんてことは、私にとっては有り得えない。

しかし、両親はものみの塔協会が真理を語る組織であると深く信じていた。そのため、真理に目ざめた私がいつかエホバの証人に戻って来るという発想になる。

私はエホバの証人をやめた後は一種の興奮状態になった。堅苦しく縛られていたもの一切から自由になった。

エホバの証人の集会にも布教活動にも行かなくていい。家でものみの塔の宗教本を読んだり、エホバの証人の集会の予習もしなくていい。時間が有り余っているように感じられた。

禁止されていたテレビ番組も好きなだけ見ることが出来る。学校の行事に何でも参加できるので不要なストレスも感じない。異性と交際することも出来る。これら一切がエホバの証人の戒律では禁止されていた。

私は急速にエホバの証人から離れていきたい衝動に駆られていた。未だに食事の前に一緒に祈らせようとする両親を疎ましく思っていた。

誰でも、ものみの塔によるマインドコントロールが解けて、エホバの証人をやめたのなら、未だにマインドコントロール下にある者たちのことを愚かだと感じるはず。彼らが干渉してくるのなら、例え親だろうと鬱陶しく感じるはずだ。

禁止事項の多いエホバの証人2世の学校生活は苦難の連続~エホバの証人のできないことまとめ

未だにエホバの証人である親との関係

自身の心身に余裕があるのなら、急いでエホバの証人の親から離れる必要はない。ゆっくりと新しい親子関係を築けばいい。

私がエホバの証人をやめた後は、強烈なマインドコントロール状態にあった両親を見放していた。結果として私の家族は崩壊してしまった。

私はエホバの証人をやめて20歳で家を出た。一人暮らしをしていたのだが、ちょっとした用事で実家へ帰ったことがあった。

すると驚いたことに、エホバの証人の長老だった父が遠い昔にやめたタバコを再度吸い始めていた。エホバの証人にとって喫煙は破門にすら該当する禁忌。これはマインドコントロールが解けたか、エホバの証人をやめたかということが確定的な状況。

これが父との和解のきっかけになるかも知れなかったのに、

「体悪くしてやめたんじゃないの?」

「体が良くなったからまた吸ってるんだ」という、つれない会話で終わってしまった。お互いにエホバの証人のことや自分たちがエホバの証人だった過去に触れたくない。

このタイミングで解放後の父、未だマインドコントロール下の母、両者の間に入れるのは私しかいなかった。しかし、私はそれを放棄。結果、両親は程なく離婚。

当時の私に、両親の間に入る余裕があったのかは不明。

実は、私はものみの塔の洗脳が解けてエホバの証人をやめた訳ではなかった。ものみの塔の終末預言の実現は疑いもしなかった。ものみの塔が真理であっても、私は神を冒涜する者として、終末の日まで刹那の人生を謳歌しようと考えていた。

私の方にも、わりと余裕はなかった。とはいえ、宗教問題をこじらせた両親の間に入れるのは、当事者の私しかいなかったのも事実。


“脱会エホバの証人二世と現役エホバの証人である親との関係” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください