エホバの証人の王国会館に流行る病

エホバの証人の王国会館で開かれる集会とは

私は生まれついてのエホバの証人だった。小さな頃から、熱心なエホバの証人だった両親によってエホバの証人の王国会館へ連行されていた。

エホバの証人の王国会館とはエホバの証人にとっての教会のようなもの。エホバの証人の王国会館では週に3回も、ものみの塔協会の集会が開かれる。(2021年10月現在では週に2回)集会では熱烈な講演や教団の出版物の討議などが行われる。

私が生まれて最初の記憶はこのエホバの証人の集会にまつわるもの。エホバの証人になりかけだった母親によって、私は王国会館に連れて行かれた。まだ2歳にもなっていない頃。

王国会館での記憶は定かではないのだが、集会中に私は大人しく座っていることが出来なかった。私が普通の元気な子供だったからなのか、私のSOSだったのかは解らない。とにかく私は、最初の最初からエホバの証人の王国会館が嫌いだった

エホバの証人の子どもがお利口な理由は体罰を受けているから

王国会館で元気いっぱいに暴れる私に対して、帰宅した母親が怒りをぶちまけた。エホバの証人の子供たちは懲らしめという体罰の恐怖政治を敷かれている。このため、どんな小さな子供でも王国会館ではきちんと座っている。

エホバの証人の王国会館には懲らしめ部屋があり、騒いだり泣いたりした子供はその部屋に連れて行かれる。声の漏れない密室で備え付けのビニールホースの切れ端やベルトでお尻をじかに思いっきり引っ叩かれる。何度も。

これは効果抜群。動物の調教と同じ。騒げば痛い目に遭うと分かれば誰でも騒がなくなる。表面上はお利口な生き物になる。

周囲の強権を敷かれた子供たちと比べて、自由奔放でわんぱくな私を、母親は恥と感じた。王国会館から帰宅後、その恥の感情は怒りに転化する。そして、母親の怒りは集会について来ない父親にまで飛び火。

家庭内の不穏な空気を感じた私は、子供ながらに逃げの一手で適当な発言をしてしまう。これが私の生まれて初めての記憶。

「お父さんが一緒に来てくれたら僕はお利口にしていられるかも」

責任の所在が明らかでない適当な発言は不幸な未来を招く。この一言で父もエホバの証人の王国会館へ通い出し、家族全員でエホバの証人という危険なカルトの餌食となる。そして私の家族は崩壊へ至る。

エホバの証人の王国会館に流行る感染力の高い伝染病

エホバの証人には病気がちですぐに入院したり、病気で亡くなったりという信者が多かった。全員が至って健康だった私の一家は、王国会館に通うことで彼らエホバの証人から悪影響を受けるようになる。

私は良く風邪をひいて熱を出すようになったし、両親も風邪をひいたり内蔵に疾患を生じたりすることが多くなった。これはエホバの証人に関わり始めてから。五体満足の人は王国会館に近寄らないが吉。

病気がちで身体や精神を病んだ人々が集められているのがエホバの証人の王国会館。完全な人間として楽園で永遠の命を享受出来るというものみの塔協会のぶら下げた人参に彼らは追いすがっている。心の隙をつかれ、深い洗脳状態へと導かれていく。

楽園での生まれ変わりなど、ものみの塔協会の嘘。細胞が復元するはずないし、人間が永遠に生きたら、人口が増えすぎて地球がパンクしてしまう。身体を病んでいる人も運命を受け止め、ものみの塔協会の幻想にすがるのを止めて今の生涯を全うするしかない。

もともと身体や精神に不調をきたしている人々がものみの塔協会の毒牙にかかり集められているのが王国会館という家畜小屋。健康な人がエホバの証人に関わると余計な病に巻き込まれることになる。

元をただすと、エホバの証人として王国会館へ通い出すという行為が重篤で危険な伝染病の初期症状怪しげなものにすがるという状態がまず精神的に病んでいる。病の中期にはものみの塔という組織崇拝を始め、末期には家族や財産、あなたの人生まで何もかも失う。

エホバの証人の王国会館に病気の人が多い理由


“エホバの証人の王国会館に流行る病” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください