ものみの塔出版物の挿絵に込められた負のオーラと恐怖心を煽る描写

負のオーラ全開のものみの塔出版物の挿絵

ネット上で見つけた「真理真」さん作成のJW解約のための資料。下記よりダウンロードできる。

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

第二弾は『出版物と霊の力』、第一弾と同じくものみの塔協会の出版物の挿絵に隠された秘密を暴露する資料。

資料の最初、まず感受性テストで試される。CDジャケットが何枚か写っていて、それを見て何か感じるか?というテスト。

私は一切感じず。霊感や直観力が無いということなのだろう。

続いて、ものみの塔誌の表紙の人物の顔写真。同じような圧迫感や頭痛を感じないかと問われる。いやー一切ないですな・・・。

ものみの塔誌の表紙にありがちな、相変わらずの作り笑顔にイラっとするだけ。人種混合で笑い合っている写真なのだが、エホバの証人って、異人種と認めあえるほど心広くないでしょ。

日本のエホバの証人は低学歴だから英語も話せないし、同性愛も認めないから多様性の受容という感覚はエホバの証人にはない。そもそもエホバの証人以外は皆ハルマゲドンで死んじゃえという了見の狭さ。

その排他性をごまかしつつ、異人種混合で笑い合っているものみの塔の表紙とか見るとイライラする。これは私が現役エホバの証人二世だったときから感じていた違和感。感受性の低い私でもこの矛盾に何となく気づき、異人種混合のパラダイスなんか要らないだろと思っていた。

理屈だとこうなるのだが、この資料によると、理屈抜きにものみの塔の表紙には霊感が込められている。アクアブルーとアクアグリーンの写真を使って発色させ負のオーラ全開。

もともとカルトにはまっちゃうような属性の人たちがこんな負のオーラを浴びれば、心を病むのも頷ける。

エホバの証人の王国会館に流行る病

子供を恐怖心で支配するものみの塔協会

あとは恐怖の刷り込み。これも感受性の乏しい私にも覚えがある。とにかくものみの塔協会の出版物の挿絵は怖い。

ハルマゲドンの描写がその代表例。ものみの塔出版物の挿絵には、ハルマゲドンで神エホバに殺された死体が普通に転がっているし、天から火球が降ってるし、地面が避けているし。怖すぎ。

この恐怖心は幼い私にも刷り込まれた。最近は解放されたのだが、天から降る火でこの身が焼かれる夢を何度見たことか・・・・。

小学校に入る前、小さな子供の頃、私は”おねしょ”をほとんどしなかったのだが、親に怒られ、懲らしめという体罰を受けた日、火球が降るハルマゲドンの夢を見ると、おねしょをしてしまった。

子供ながらに心を恐怖心で蝕まれていたのだろう。子供にこんな思いをさせるのがエホバの証人とものみの塔協会。百害あって一利なし。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください