人生に害しかもたらさないエホバの証人活動

いつかエホバの証人をやめるという希望

私は物心ついて以来、14歳になるまでエホバの証人2世として育てられた。途方も無く長い時間を、エホバの証人の集会や大会、家庭聖書研究や野外での布教活動に費やさせられた。

しかし、私はそれらのエホバの証人活動に全く真面目に取り組んでいなかった。仕方なくやらされてやっていただけ。

幼い頃はどうして他の子のように地域のお祭りに参加したり、幼稚園や保育園に行っていないのだろうと疑問に感じていた。毎週日曜日には家族で遊びや買い物にはいけず、早起きしてエホバの証人の王国会館の集会に行かなければならない。これは何故だろう、そう不思議に思っていた。

小学生の高学年になると、いつかエホバの証人をやめたいという漠然とした希望が芽生え始める。中学生になると、ものみの塔協会や熱心なエホバの証人だった両親から、絶対に自由になると決めた。

中学生の私は、エホバの証人脱会の決意を両親にいつ言い出すかと、四六時中考えていた。エホバの証人解約は両親を裏切ることを意味する。この裏切りの意識が私の足かせだった。

人生に有益なことが一つもないエホバの証人活動

エホバの証人独特の”この世”の行事を初めとする禁止事項は、今でもしっかりと頭に叩き込まれている。エホバの証人をやめて15年以上が経過した今でも。

校歌や国家の斉唱が禁止、選挙もNG、輸血禁止、七夕クリスマス節分、バレンタイン、誕生日会が禁止、そういったことを1番やりたい年頃に出来なかった。出来なかった分、憧れがある。ところが実際にやってみると身体中に違和感を覚える。ものみの塔協会の戒律が身体感覚として私自身に刻み込まれている。

それ以外の聖書の細かい点は忘れてしまっている。真剣にものみの塔協会の出版物の研究に取り組まなかったから。アブラハムの息子がヤコブだったかヨセフだったかそんなことも忘れてしまった。実際はイサクか?

ユダヤ人の歴史や預言者、キリスト以前以後の歴史など、聖書に関する知識を持っていると、歴史や地理の本を読んだり旅行したりというときに役立つ。美術館で宗教画ひとつ見るのにも面白い。

しかし、私は聖書のことはほとんど覚えていない。聖書に関する正当な知識は素人に毛が生えた程度も無い。

ものみの塔協会にまつわる深い傷だけが残り、聖書のことはほとんど忘れてしまっている。エホバの証人として過ごした時間は全て無駄だった。エホバの証人に関わって、役に立つことなど一切ない。

そもそもエホバの証人の使っている新世界訳聖書は、ものみの塔協会に都合よく翻訳されたニセモノ。新世界訳聖書は疑ってかかるべき。聖書に興味があるなら新世界訳聖書以外のホンモノの聖書を読むべき。

禁止事項の多いエホバの証人2世の学校生活は苦難の連続~エホバの証人のできないことまとめ


“人生に害しかもたらさないエホバの証人活動” への2件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください