新世界訳聖書はカルトの魔窟に堕ちる手引き書

JWの新世界訳聖書は字義訳

『欠陥翻訳ー新世界訳』より。聖書知識が豊富かつ研究熱心な方の執筆した資料がネットで簡単に閲覧できることに感謝。資料は下記にて読める。

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)

きっちり調べ尽くしたであろう本資料の存在はありがたい。特に、私みたいに「ものみの塔嫌い」ゆえに聖書も嫌いになりつつある人、勉強するなら他分野に時間を割きたい人には。

また、根が不真面目で、「エホバの証人はダサいから嫌い」で、二世信者をやめた立場からすると、エホバの証人否定立場になってなお真面目に聖書を調べるという真摯さに感銘を受ける。頭が下がります。

さて、序文より。ものみの塔聖書冊子協会の

新世界訳聖書というのは字義訳聖書である。この字義訳という翻訳方針は新世界訳の看板になっている。もちろん字義訳にもそれなりの利点があると思うが、「過ぎたるは及ばざるよりも劣れり」で、字義優先に走りすぎると深刻な問題が生じてくる

「字義訳」とインターネットで検索すると、今回紹介しているSTOPOVERサイトかJW.ORGのサイトが上位に出てくる。要は「字義訳」スバラシーって言っているのはものみの塔だけってこと。

誰も目にも留めないというか、空気のように軽い「字義訳」を謳って喜んでいるのはものみの塔協会だけ。私も「字義訳」の意味がよく分からないので、この詳細は本資料の1章『字義訳―新世界訳聖書』を紹介する際に検討したい。

字義訳っていったいなんだろうか?言葉の意味のままに訳すということ?それならば新約聖書で、『神』に該当する部分を『エホバ』にすり替えているのはどういうこと?疑問だらけ。

新世界訳聖書はカルトの魔窟に堕ちる手引き書

さらに序文では、キリスト教団体の体質と用いる聖書の翻訳、教義は三位一体の位相関係、フィードバックシステムであると述べている。その上で、

現ものみの塔教会の最大の欠陥は、神権ファシズム、組織崇拝ともいえるその体質であり、それが生み出した弊害である。したがって一言でいえば、新世界訳の欠陥とは、この組織崇拝が生み出した欠陥でもある

エホバの証人の使っている新世界訳聖書の欠陥はものみの塔協会の欠陥そのもの。

ものみの塔がカルト的な危険をはらんでいる以上、ものみの塔協会の翻訳した新世界訳聖書は同様の危険を持つ悪書。カルトの聖書はカルトの魔手に落ちるべくして落ちる罠。

近寄るな カルトの手引き 新世界訳

あなたの全財産を奪うカルトによる洗脳

エホバと聖書を完全清算する


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください