エホバの証人の犯すものみの塔崇拝という罪

エホバの証人になるという間違った人生の選択

エホバの証人になるというのは完全に間違った人生の選択である。その道に人を導くというのはもってのほか。

なぜなら、人は生まれてから死ぬまでの限られた時間を、自分で選んだことのために使わなければならない。この最も単純な自由が叶わない人々が人類の歴史の中には多く存在した。

我々は幸運にも自分の生き方を自分で選択することが可能な時代に生まれている。その貴重な権利を放棄してはいけない。ものみの塔協会の言いなりになって生きるというのは人生の無駄遣い

それが自分で選んだ生き方であるという反論があるだろう。しかし、エホバの証人として生きるということは、他人をその道に引き入れる活動をしなければならない。人々を誤った道に引きずり込むということは、どう考えても人の道に外れた悪行に他ならない。

エホバの証人の人は、誰もが真理を求め、敬虔な宗教心を抱いて王国会館に通い始めた。そこまで高尚でなくとも、何らかの救いや人との健全なつながりを王国会館に求めた。

それがいつの間にかものみの塔協会の洗脳下に置かれる。そうなると自分でものごとの良し悪しを考えることが出来ない思考停止状態に陥り、ものみの塔という偶像を崇拝する罪を犯してしまう。そして同じ誤った道に人々を迷い込ませている。

エホバの証人が偽教・カルトであると言えるのはなぜか

エホバやものみの塔協会が誤っているかどうか?真理か否か?もしくは真理に至る途中ゆえの不甲斐ない教義や預言なのか?そういった議論の余地は一切ない。

一般的な家庭や夫婦を崩壊させ、無垢の子供を厳格過ぎる戒律で追い込む宗教が真実であるはずがない。自分たちだけが真実、ものみの塔協会以外のあらゆる団体や思想は間違っているという独善的な決めつけの姿勢、これこそが嘘つきの言動

間違っていて悪魔サタンの誘惑の手段であるから、他の宗教、政治、情報に触れてはいけない。ものみの塔協会はそう指導して、自ら供給する過剰な情報以外を信者たちにシャットアウトさせている。

目的は、エホバの証人信者たちに自分の頭で考えさせることを止めさせるため。洗脳の手段と言える。正常な判断力を持たせない、考えさせない、自分を見つめさせない、そんな宗教が真理であるはずがない。

それゆえ、エホバは偽神で、ものみの塔は架空の偶像である。マインドコントロールの影響で思考停止状態に陥ったエホバの証人は、ものみの塔崇拝という組織崇拝・偶像崇拝の罪を犯している

ものみの塔協会は、聖書をかじった一人の米国人ラッセルの思いつきで始まった新興宗教に過ぎない。であるなら、唯一無二の真実であるはずは絶対にない。

全世界で多数の家族を崩壊させたことから鑑みると、エホバの証人という宗教は、他人を巻き込み信者の人生を大きく損なわせる危険なカルトであると言える。

エホバの証人の王国会館に流行る感染力の高い伝染病


“エホバの証人の犯すものみの塔崇拝という罪” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください