友達の出来ないエホバの証人

友達のいないエホバの証人2世

エホバの証人2世が大人になった時に愕然とすることが、友達がいない、出来ない、作れないということ。結局、友人と言えるような、困ったときに助けてくれる人はエホバの証人信者しかいない。

しかし、その信者が同年代であるとしても突っ込んだ話は出来ない。その同年代の2世信者は親のスパイなのである。本人たちにその気はなくともエホバの証人は互いに監視し合っている。大概の話は親に筒抜けになってしまう。気になる異性の話なんかは絶対に出来ない。

エホバの証人2世は組織外の友人を作ることを許されず、会衆内の友人との関係も形式的なものになりがちまた、親たち大人からは同年代のエホバの証人の子どもは比べられることが多い

あの子はもう伝道奉仕者になった、誰々は何と次の大会でバプテスマを受けるのだと聞かされる。私が連れて行かれていた会衆にも、洗脳が進んでイカれ具合が激しいエホバの証人2世の同級生がいた。

その子は、中学生にしてバプテスマという洗礼の儀式を受けていた。何もかもをエホバの証人組織に捧げますと誓いを立てるのだ。親からは彼に劣等感を抱くように仕向けられていた。

エホバの証人2世の子どもたちはライバル関係にあると言える。こんな環境では本来の友人関係を築くことは難しい。

そもそも、皆が騙されて集められた王国会館に素敵な人間関係が待っている訳がない。洗脳が解ければ、恥の過去となる。そんな連中とつき合い続けたいとは、なかなか思えないものだ。

人間関係に大問題を抱えるエホバの証人

友人関係で大きなペナルティを抱えるのは2世信者だけではない。大人になってから改宗したエホバの証人たちも同様。学生時代の友人を失い、職場の同僚との友好な関係も築き難い。

古い友人からは、変なカルト宗教にはまっている奴だと噂され、敬遠される。親身になってくれる友人・親族ほど、エホバの証人にハマる人を止めようとするが、洗脳下にある本人からその人を遠ざけてしまう。

結果、貴重な人間関係を失い、頼れる友人はエホバの証人組織内にしかいないという絶望的な状況に陥る。エホバの証人組織内に形式的な人間関係しか造れないのは2世信者に限ったことではない。

これは、大人のエホバの証人信者でも同様。なぜなら信者同士がお互いに監視しあっているため。これはカルト宗教にはありがちな状況。

エホバの証人信者たちは、お互いに組織に対する忠実さのスパイ行為をしている。誰々の信仰が揺らいでいるというような噂話は、エホバの証人の組織内では簡単に広がる。

理由は、エホバの証人の交わりと称した信者間の交流の時間は情報交換と密告の場になっているから。女性信者が多いため、わざわざ噂話をするために集まったりするくらいである。

エホバの証人組織の方針に疑問を抱いていると上層部に報告されようものなら、厳重注意、下手をすると組織から追い出される村八分の排斥処分となる。

エホバの証人組織外で生きる術を知らない人は、この排斥処分が何より恐ろしい。そのため、組織に忠実に、無難に生きようと自分を押し殺すことになる。何とも不健康な生き方をせざるを得ない。

ただただ物事をやり過ごしていくエホバの証人2世


“友達の出来ないエホバの証人” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください