エホバの証人2世の正体~抱える闇、タイプ分類、社会生活

エホバの証人2世の闇

エホバの証人2世とは、エホバの証人という宗教を親によって強制された子供のこと。

エホバの証人の子供は、多種多様なジャンルの信者の間で成長する。常に大人の信者の顔色を伺いながら。

古株で歳のいった気難し目な怖い兄弟姉妹(※)は平気で他人の子供を怒鳴りつける。自ら手を下すことはないが、両親はそういった年長者の言いなり。彼らから、懲らしめという体罰を教唆される。こういった厄介古株は、子供にとって要注意人物。※エホバの証人は信者間でお互いを兄弟姉妹と呼び合う

はたまた、王国会館(※)に初めて連れてこられた非信者の人には、外部者として気を使って接さなければならない。親や大人の信者の様子から、何となくエホバの証人組織の闇を外部者に見せてはならないのだと勘付いていた。※エホバの証人の集会所、KH、Kingdom Hall

信者本人たちも闇とは思っていないのだが、明らかに外部者に対しては態度が違う。良い部分だけを見せようと必死になっている。

このような複雑な環境でエホバの証人の子供は育つ。こうして、周囲に自身を過剰適応させる能力を養っていく。

この適応能力と本人の毒気のなさも影響して、エホバの証人2世は、すぐに会社などの狭い社会環境には馴染んでしまう。

出世や金銭報酬にはがめつさを見せず、忍耐強い特徴は根気強く真面目に仕事に取り組むと評価もされる。子供の頃からものみの塔協会の出版物を散々読まされているので、高等教育を受けていなくとも活字には強い。

しかし、エホバの証人2世は心の内には大きな闇を抱えている。その場にいる自分を心から大事にすることが出来ない。ハルマゲドンがくれば全てが終わると洗脳されているため、全てはその場限りの投げやりなもの。その場だけを取り繕えば良いという安易な生活態度になる。

これは、私とその周囲のパターンで、大人になる頃には、既に精神状態がズタズタというエホバの証人2世も存在する。特殊思想と異常生活の強制、体罰の結晶である。

エホバの証人、親子累々に及ぼす負の連鎖

元JW2世、節分の屈辱の記憶

現役エホバの証人2世のタイプ

エホバの証人2世だった私には、常にいずれその場を去るという思いがあり、その日その日を周囲と上手くやっていくというスタイルをとっていた。敵を作らないのだが本当に仲の良い友人が出来ない。

ものみの塔協会は”この世”の友人を作るということを勧めていない。友人とするのなら、まずエホバの証人の世界に引きずり込んでからというスタンス。まずは信仰を証言をせよということ。

エホバの証人の中には、これを間に受けて職場で自身の信仰を証言し始める者がいる。そうなればもう本人は変わり者扱い。一般社会で宗教の勧誘活動はNG。それがエホバの証人というカルトであればなおさら。

結局、エホバの証人2世は社会に馴染むことができない。

逆に、エホバの証人であることをひた隠しにして社会に溶け込もうとするパターンも存在する。信仰の証言など周囲には一切しない。しかし、ものみの塔協会の教義を破ったりエホバの証人活動に不活発になったりする訳ではない。この二面性もエホバの証人2世の特徴。

しかし、これをいつまで続けられるだろうか。いつかその二人の自分に疲れ果ててしまう。

まずは、エホバの証人を辞める。そして、時間をかけて社会に馴染んでいく。応援しますよ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください