元JW2世、節分の屈辱の記憶

節分、屈辱の記憶

今日は節分で豆をまいて「鬼は外、福は内」とやるのが日本の習慣。私の小学校の頃はもれなくこの行事があった。かれこれ30年以上前。今でも息子の幼稚園で豆まきがあるので、まだ廃れずにこの伝統が継承されている。

とはいえ、私は小学校の頃、豆まきが出来なかった。理由はエホバの証人という宗教の二世信者だったから。エホバの証人とは通称JWというキリスト教系新興宗教。両親が信者だったので、私ももれなく当然のように二世信者とされた。

戒律が厳しい原理主義で、キリスト教以外の異教由来の行事の一切が禁止。大人から子供に至るまでもれなく。

節分、七夕、七五三、日本古来の行事は全てNG。クリスマス、イースター、バレンタイン、一見キリスト教っぽい行事も宗派が違うので禁止。

他には輸血拒否して死亡する信者がいたり、兵役拒否、武道の禁止、選挙、投票しない、国歌、国旗への不敬意、国家の法は厳守する立場を取りつつも教団の戒律を優先する。といった危険なカルト団体。

かつて子供に体罰を行い、時代の変化に合わせて体罰は隠蔽、教団内は児童性虐待の温床になっている。

つまり、教団内に多少の隣人愛があろうとも(これも今はないか)、エホバの証人は最低最悪な宗教団体。

しかし、二世信者の子供の日常で辛いのは、学校行事への不参加だったり、給食前に合掌せずにJWスタイルで祈らなければならないこと。要は、クラスメイトや教師からの「変り者」という視線が痛い。地味に傷つく。これが毎日なので傷は深く深く、痛みは蓄積されていく。

皆が楽しそうに豆をぶつけあっているのは、もちろん羨ましい。一緒にやりたい、という気持もあるのだが、それ以上に一人見学している恥ずかしさ。

「早くこの時間よ。過ぎ去ってくれ」私はいつもそう思っていた。これがエホバの証人二世の子供だった私の一番の辛かった記憶。屈辱。

禁止事項の多いエホバの証人2世の学校生活は苦難の連続~エホバの証人のできないことまとめ

救いのない宗教、エホバの証人

教室の机が全部後ろに下げられ、教室の前半分で豆まき大会。私は机と一緒に後ろに下げられ、自席で見学。まるでモノ。むしろ感情のないモノになった方が気が楽だった。

ときどき、ふざけて豆をぶつけてくるクラスメイトがいる。

「頼むからやめてくれ。そっとしておいてくれ」恥ずかしさのあまり、鬼のお面を被れたらと何度も思う。子供の私がいるこの教室を思い出すと、胸が熱く、涙が出そうになる。

エホバの証人には輸血拒否を強制されて死んだ子供もいるし、子供の頃から繰り返し性的暴行を受けた元二世信者もいる。

私は屈辱だけで済んで、今は大人になり、洗脳も解けてマシな方、むしろ恵まれている方かとも思う。だが問題の重みは個々人で違う。

無論、輸血拒否で命を失ったり、障害が残ったりした子供の方が圧倒的に問題は重い。しかし、私にとって節分の屈辱は大問題。

私はこの節分の屈辱を忘れられない。許していない。ものみの塔協会がこの世から消え失せるまで、この問題を叫び続ける。

感受性豊かな子供がクラスメイトに「変人」と思われることの辛さ。行事に参加できないと教師に告げる度に、面倒くさそうな、冷ややかな視線を浴びる。子供にこんな思いをさせる宗教に救いはない。


“元JW2世、節分の屈辱の記憶” への2件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください