心底人生を楽しめないエホバの証人2世、脱却と癒し

「心底楽しめない」エホバの証人の人生

私は、生まれながらのエホバの証人という宗教の2世信者だった。エホバの証人というのは、ものみの塔聖書冊子協会が運営する自称キリスト教系の新興宗教。2世信者というのは、親によって宗教を強制された子供のこと。

エホバの証人の子供は親によって四六時中、宗教活動に引きずり回される。そのため、心から楽しんで遊ぶことが出来ない。大はしゃぎすることが出来ない。

遊んだ後には、エホバの証人の集会や布教活動が待っている。暗くなって疲れ果てるまで遊ぶことなど出来ない。

恐ろしいことに、この「心底楽しめない」傾向は、20年以上も私の中に宿っていた。40才手前になっても、14才でやめたエホバの証人2世の頃の記憶が無意識下に刻み込まれている。

ハメを外して大宴会という雰囲気になると、なぜか罪悪感を覚えていた。その後、完全に酔っぱらってしまえば罪悪感も吹き飛ぶのだが、それは自分の感覚を酒で流し去っているだけ。

20代の頃でもそうだった。パチンコで有り得ない大当たりの連チャンが来て、

自身の楽しさが最高潮に達すると、何かいけないことをしている気がしてくる自分はこんなに楽しんではいけない、こんなに恵まれてはいけない。

そんな気持ちになる。何故か?元エホバの証人2世だから。

本当にエホバの証人ってろくなもんじゃないと思う。心から何かを楽しむ一瞬こそが人生の醍醐味のひとつなのに、それが出来なくなってしまった。

元JW2世、節分の屈辱の記憶

JW2世のクリスマスの辛い思い出

元エホバの証人、30年目の癒しの要因

現在、40才を超え、人生の瞬間を心底楽しめないという枷からは、だいぶ解放された。

この癒しの原因は

単なる時の経過。30年という時。

こうしてブログを書いて、自身の心中を整理できつつあること。

子供が生まれたこと。無垢な子供と一緒に、自分の過酷な子供時代を生き直していること。子供のときに取りこぼした人生のパーツを回収している。

自分を認める。自己の肯定。自分を許す。こういったことが出来つつあること。「オレみたいな人間だって、楽しく生きて良いんだ」そう思えるようになった。

複数要因絡まって、心底楽しいときに楽しむことができるようになりつつある。

ツキまくりのラッキータイム、今日は完璧な一日だったなんてことは、人生でそうそうないから。この楽しむべき時に楽しむスキルを、ものみの塔から取り戻せつつあるのは良い傾向なのかと。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください