エホバの証人の王国会館という虚構の世界の架空の友人

限定的友情関係しか持たない薄情なエホバの証人

エホバの証人は職場では変な奴、怪しい奴と思われ同僚との友好な関係を作るのは難しい。むしろものみの塔協会もそれを勧めている。”この世”の友人は持たずに、深い交友を行わないように勧めている。

私のような生まれながらのエホバの証人の2世信者は、大人になってエホバの証人を辞めたときに、自分がいかに友人を持たないかということに否応なく気付くかされる。

エホバの証人の交友関係は、自分がエホバの証人である間だけの条件つき、限定的友情エホバの証人をやめた人の元から、エホバの証人たちは去って行く。困っていても積極的に助けの手を差し伸べることはない。そこまでの関係。

いざ何らかの助けを求めたとしても、現役エホバの証人たちは脱会信者に対してまずはエホバの証人への復帰を促すことを最優先にする。復帰した後であれば経済的援助であれ、何であれ助けとなってくれるかも知れない。

エホバの証人感覚での友人とは、真の交友関係ではなくものみの塔協会という組織を通じての関係。相手がエホバの証人である限りという条件付きの友情。

エホバの証人の王国会館からの脱出

エホバの証人はエホバの証人組織外の友人全てを信者である間に失ってしまう。または、エホバの証人2世の子どもとして成長したために一切”この世”の友人が出来なかった、作ってこなかったという状態。

現役エホバの証人に至っては、もはや普通の友人の作り方が解らない。エホバの証人でない人と宗教勧誘以外でどう関われば良いのか不明。

エホバの証人にとって。エホバの証人を辞めることは唯一の交友関係を失うことを意味する。これには大きな孤独と疎外感を伴う。こうしてエホバの証人はものみの塔協会にしがみつかざるを得なくなる。高齢のエホバの証人ほど、この傾向が顕著。

とあるエホバの証人信者が、ものみの塔協会やその教義がウソだと分かってエホバの証人をやめたいと思ったとする。しかし、足かせとなるのは、エホバの証人の王国会館にある唯一の交友関係。その交友関係を失いたくないがために思い切ってエホバの証人を退会できない信者もいる。

ものみの塔協会の教義の矛盾に気付き、組織の隠蔽体質に嫌気がさしたとしても、自分の唯一の居場所を無くさないためにエホバの証人をやめる決断ができない。。

ただ、人は友達が一人もいなくても生きていくことが出来る。とても孤独だが、人間らしく生きていくことは出来る。王国会館の中で偽物の人間関係と堅苦しいものみの塔協会の教義に縛られて生きていくよりはよっぽどまし。

王国会館の中は下らない虚構の世界。そこでの人間関係・交友関係もすべてニセモノ。あなたがエホバの証人であるならばという最低な下らない条件付き限定友情。そんなものは無価値。

現役エホバの証人信者のすべての人は、勇気を出して外のリアルな世界へ飛び出すべき。そして、孤独を嚙み締め、自己の犯したものみの塔崇拝という過ちを振り返る。そこから本当の人生が始まる。幸いなことに人間はどこからでもやり直せる。死ぬ直前にだってやり直すことはできるのだ。

エホバの証人が知らない限りあるゆえに輝く人間の生

エホバの証人を辞める者と残る者の確執


“エホバの証人の王国会館という虚構の世界の架空の友人” への2件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください