エホバの証人とのwikipedia論争の続き

エホバの証人とのwikipedia論争の続き

エホバの証人のwikipediaの記事が、ものみの塔協会向けに真実が捻じ曲げられて変更されていることを発見。偽られている部分をサクサクと削除したり、エホバの証人が削除した都合の悪い部分を復元した。

すると、そのエホバの証人から警告メッセージが来たので返信したりしてやり取りを始めたのが前回

今回はそのやり取りの内容をご紹介する。「ノート」の部分で公開されている内容で、個人的にやり取りした内容ではありません。

先方のエホバの証人(と思われる人物)の記載

あなたは自分の信念あるいは立場に基づいて偏見的見方を広めようとしています 繰り返しますが、記載編集について ウィキペディアは中立的観点を柱としています。非中立的、一方的な意見の記載を避けてくだい。あるいは多面的な見解がある場合、その見解を削除しないでください 

それに対して私の回答。いろいろ削除したり、追記したりして良く分からなかったので、とりあえず出回っている背教本の記載を削除してくる点について指摘してみる。この背教本の引用は私が記載した訳でなく、元々あったのをこのエホバの証人が消すのをヤメてねということ。

はじめまして。一般的に流通している書籍に”「・・・」の記載があった”という事実だけの投稿は中立ではありませんか?削除される所以はないかと。

先方の返信

それでは、あなた様が投稿しようとされている本よりはるかに信頼性のおける専門家による意見を削除されたのはなぜでしょうか

出た。ものみの塔初級テクニック・レベル1「すり替え」

ものみの塔協会の論理テクニックとは

「それでは」って、背教本は中立って認めるってこと?YesかNoで答えてくれー。こちらの質問には答えず、論点をすり替えて相手の思考を停めようとする、ものみの塔初級テク「すり替え」

文献の引用が中立か否かという点から、お互いの引用・削除し合う文献の信頼性という論点にすり替えられそうになる。

この「すり替え」はエホバの証人と議論すると必ず出てくるトリック。むきになって相手の質問に答えようとすると術中に落ちる。

突っ込みどころ満載の「すり替え」に対して、こちらからも質問を投げ返す。

  1. 「それでは」ということは、背教本は中立と認めたということか?背教本の引用を復元するが良いか?
  2. こちらが削除した信頼性のおける専門家の意見はどこか?
    これはだいたい分かっているのだが、念のため確認、論点を絞るため。
  3. 信頼性のおける、おけないとは?、それこそあなたの主観では?

先方の仮想エホバの証人の回答は次回に。


“エホバの証人とのwikipedia論争の続き” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください