エホバの証人の操作するwikipedia

エホバの証人的論理の飛躍がwikipediaに書き込まれている

エホバの証人のwikipediaに「マインドコントロールしていない」とか、「現在は性的児童虐待があった場合は当局に協力している」とか一方的な記述があったので削除した。

詳しくはこの記事でエホバの証人が書き換えているwikipedia

すると、とある人物からメッセージで警告みたいなものが送られてきて、私の削除した部分を復元される。私がまたその部分を削除するとさらに記述の復元+追記がされる。繰り返しの警告で「非中立的、一方的な意見の記載を避けろ」と送付されてくる。

当然また削除したのだが、追記された記述が面白かったのでここに掲載しておく。マインドコントロール問題の項目で以下の追加がされていた。

”宗教百科事典によると「彼らの信じていることはすべて聖書に基づいている。彼らは聖書の権威を当然のものとみなし,ほとんどすべての信条を聖句を使って証明する。(すなわち,裏づけとなる聖句を引用する)聖書が伝統に完全に取って代わるのである」”

“ジュリア・M・コルベット「アメリカの宗教」によると「このグループは聖書研究から注意をそらしたことがない。その教えは,聖句を参照するための精密なシステムによって裏づけられている」「エホバの証人は,正直で,礼儀正しく,勤勉だという評判を得ている」”

“新ブリタニカ百科事典によると「エホバの証人は個人の振る舞いにおける高い道徳律を強調する」”

こうして出典を出されると元を調べるのも面倒なので、なるほどそういった意見もあるのかと思いかねないのだが、いやいや。エホバの証人がマインドコントロールしてるしてないとこれ全然関係ないじゃん。論理の飛躍。

聖句を裏付けて、礼儀正しくマインドコントロールしつつされつつで被害者を増殖させていくのがエホバの証人でしょ。

エホバの証人批判に対抗してエホバの証人の公式サイトから引用しちゃダメ

そもそもコルベットって誰?ネットで検索しても車しか出てこないし。何度かワードを変えて検索してようやく引っかかったのはエホバの証人の公式サイト。見てみると、検索して出てきたエホバの証人の記事がそのままwikipediaに引用されていた。

wikipediaでものみの塔協会の行動が問題視されている項目に、ものみの塔協会そのものの記事を引用して、中立的意見ですとか冗談もほどほどにしてくれと。

あとジュリア・M・コルベット。こいつもエホバの証人なんじゃないの?信用に足る情報元なのか?そもそも「アメリカの宗教」とか言う本を書いている宗教家の本をエホバの証人が読んで引用しても良いの?

現在は、wikipedia上で削除、追記をお互いに繰り返していてイタチごっこ状態。お互いに大人気ない暇人なのだが、私にはものみの塔協会を崩壊させるという信念があるので仕方ない。

この相手は間違いなくエホバの証人で、背教本の記述やものみの塔協会にとって都合の悪い部分をどんどん消してくる。消すということは取捨選択出来ているということ。

ものみの塔協会にとって都合が悪くて消した部分を、自分で噛み砕いて理解しようという気持ちにはならないのだろうか?よほど深い洗脳状態にあって、心に引っ掛かりもしないのか、それとも確信犯で消しているだけなのか?

確信犯にしては論理の展開に粗があり、深い洗脳信者の可能性が高い。相手の洗脳が解けるように辛抱強く対処していくしかない。

「あなたは正確な記述を削除し、非中立的な記述をしています」とか警告されるのだけれど、この本人にとってはものみの塔協会の言っていることこそ正確というガチガチな前提があるんだろう。そこをいかに解いていくか、忍耐が求められる。


“エホバの証人の操作するwikipedia” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください