キングオブカルト、エホバの証人

wikipediaの「エホバの証人」の項を正しい姿に

wiipediaの「エホバの証人」、「マインドコントロール・脱会問題」の項目に

ジュリア・M・コルベットという無名の人が

「エホバの証人は,正直で,礼儀正しく,勤勉だという評判を得ている」と述べている

と記述されている。ここでの議論は、マインドコントロールされているか否か。

エホバの証人が正直だろうが、何だろうがマインドコントロールされているいないとは関係ない。よって、忌々しい記述をwikipedia上から削除する。

すると、エホバの証人と思われる人物が記述を復元。非中立的な編集をやめろと警告を送ってくる。このイタチごっこ。

前述のジュリア・コルベットちゃんだが、ネットで検索しても出てこない無名人。それでも粘り強くネット検索すると、辿りつくのは「JW.ORG」エホバの証人公式サイト。

エホバの証人公式サイトの「エホバの証人はカルト教団ですか」という記事にゴールする。エホバの証人はカルトなのだが、この記事では当然それを否定。

その根拠として、ジュリア・ミッチェル・コルベットの前述の「エホバの証人は正直云々」を引っ張り出している。

wikipediaの現役エホバの証人は、このJW公式サイトの内容をそのままの引用。マインドコントロールの議論に、カルトか否かの記事を引っ張ってきている謎引用。消しても復元されるので、引用元がエホバの証人サイトである旨、wikipediaを訂正しておいた。

また簡単に元に戻されそうなのだが、編集履歴は消えないので、このwikipedia担当のエホバの証人の目に留まれば良いのだが。自分のやっていることの不自然さに気付くきっかけになってくれ。

エホバの証人の操作するwikipedia

キングオブカルト=エホバの証人

「エホバの証人は正直で、礼儀正しく、勤勉なのか?」

正直で、礼儀正しく、勤勉なのは、人間として当たりまえですよ!。ものみの塔大嫌いの私でも、子供たちには「正直で、礼儀正しく、きちんと働く」大人になって欲しい。

  • エホバの証人は正直か?

エホバの証人は神権的戦術という裏技の逃げ口上を持っている。神の目の前にだけ正直であれば良いということで、エホバの証人組織を守るためなら、平気でウソをつく。

エホバの証人にとっての神というのは、いつの間にか「ものみの塔」「エホバの証人組織」にすり替わっている。エホバの証人組織を守るためなら何でもするという危険性を帯びているのがエホバの証人。

例えば、教団内で起きた児童性虐待の組織ぐるみの隠蔽。これが良い例。エホバの証人組織の体面を保つためなら、平気でウソをつく。

エホバの証人は、誰に対しても正直ではない。

組織的な児童性虐待を疑われても仕方がないものみの塔協会

エホバの証人世界本部の児童性虐待被害者に対する対応

  • エホバの証人は礼儀正しいのか?

礼儀正しいのは、人間として必須なので。小学生かよ。

  • エホバの証人は勤勉なのか?

勤勉なのは布教活動だけ。勤務態度が真面目で社会でも一目置かれていると自称するが、真面目に働くのは最低限の当たり前。しかも、エホバの証人はエホバの証人の行事があれば、簡単に仕事を休む。

  • エホバの証人の他の特質は?

エホバの証人は宗教上の行事や選挙に参加しない。さらに、輸血拒否をするといった劇的にヤバい信条を抱えている。ところが、建前上は政府に服し、親切で誠実、隣人愛に溢れていると自らは主張している。

こんなものエホバの証人が自己主張しているだけで、

輸血拒否とか全ての行事不参加で社会性ゼロの激ヤバ集団。その他の自己主張も欺瞞。宗教を極めようとする人間なら、親切で誠実、愛に溢れているのは当然。

政府よりも自己組織の戒律を上に置いているので、エホバの証人組織の命令であれば、犯罪も厭わないカルト集団に変貌し兼ねない。

結論としては、激ヤバ信条に非常識な人間性を兼ね備えた、社会不適合者集団養成所がエホバの証人組織ということ。

つまりはカルトの中のカルト。キングオブカルト。


“キングオブカルト、エホバの証人” への2件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください