空虚な目的のために家族を失うエホバの証人

家族を不幸にする宗教、エホバの証人

私の両親はエホバの証人というカルト宗教の信者だった。エホバの証人は子供にも同宗教を強制する。そのため、私もエホバの証人として育てられることになった。いわゆる宗教二世信者。

エホバの証人は米国由来の新興宗教で、ものみの塔聖書冊子協会が運営を担っている。数々のスキャンダルが存在する。なかでも児童性虐待の隠蔽。かつて、子供に必死に体罰を加えていたのだが、今ではその事実を封印しようとしている。

ものみの塔スキャンダルを糾弾したJW解約資料の効果的な理由3点

私は、14才のときに両親と決別する決意をして、エホバの証人を脱会。その後、両親は時を違えてエホバの証人をやめる。この過程で一家離散。もはや家族関係の修復は不可能。

一家離散の原因は私の家族がエホバの証人だったからという理由以外にはない。

エホバの証人の創始者である初代ものみの塔協会会長チャールズ・テイズ・ラッセル、2代目の会長であるラザフォード、どちらも円満な夫婦関係は築けなかった。

代表者が目的を達成できないのに、組織の下の人間が目的を達せられるはずがない。同じ穴のムジナになるのは目に見えている。

エホバの証人の空虚な目的

エホバの証人の目的は、

「自分や家族の幸せではない、神の王国の到来をふれ告げることです」

とエホバの証人からの反論がありそうだが、一度、考えて欲しい。

自分のちっさな家族を幸せにする以上に、まず成すべきことが人間にあるだろうか?

家族をないがしろにしてでも、国政を良くしたいと。家族も理解してくれていると。

ご立派。それならそれで良い。一人でやってくれ。下の人間やその家族まで巻き込むなと。

しかし、目的が「神の王国の到来をふれ告げる」って何すか?それ人生に必要?当然、家族をないがしろにしてやるべきことではない。

そもそも、神の王国、来ないから。地球全土をそんなヤバ王国にしようとしている奴がいたら、人類が全力で阻止するだろう。

エホバの証人の目的は空っぽ。活動する目的を見失って、活動すること自体が目的となっている。

「神のことより、家族を思いやりましょう」

神を第一にする以上、家族を不幸にする。

エホバの証人という宗教は、家族や夫婦という最低限の人間関係を充実させることすら出来ない、害をもたらす災厄。

現役エホバの証人の人は、エホバの証人をやめるべく行動を始めるべき。エホバの証人でない人は絶対にエホバの証人になるべきでない。

なぜなら、エホバの証人になると家族を不幸にする。家族よりも神を上位に置く行動をとるようになるから。

しかも、その神は存在しない。エホバの証人の神は、ものみの塔、エホバの証人組織。組織を維持するための活動がエホバの証人の活動。

元々を思い出して欲しい。「夫婦関係を円満に、子供の教育のために」という、甘い言葉でエホバの証人になったんじゃないですか?それなのに、

カルト組織を維持するために、あなたの家族を崩壊させますか?


“空虚な目的のために家族を失うエホバの証人” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください