ものみの塔スキャンダルを糾弾したJW解約資料の効果的な理由3点

エホバの証人組織のスキャンダル

ネットで発見したJW解約のための資料、製作者はエホバの証人解約本を執筆した元エホバの証人二世。ダウンロードはこちらから。

第三弾は「組織とスキャンダル」。ものみの塔組織の数々のスキャンダルを暴いている。この資料の非常に優れている点が3つある。

  1. ものみの塔スキャンダルを複数提示している
  2. 事実に即した証拠を挙げている
  3. ものみの塔側のスキャンダルへの対応を明かしている

ものみの塔スキャンダルを複数提示しているJW解約資料

このJW解約資料が非常に有効な1つ目の理由。ものみの塔スキャンダルを複数提示していること。このスキャンダルがバラバラに個別だと若干弱い可能性もある。

個々のスキャンダルだけでも十分に信憑性はあるのだが、とはいえものみの塔協会に言わせると、「反対者の根拠のない主張」と言い訳されてしまう。実際、根拠はあるのだが、ものみの塔お得意の論点すり替えで言い訳に逃げられる。

なので、ものみの塔スキャンダルを何件も上げる必要がある。1個や2個ならまだしも、こんな何件も出てくるなんてとエホバの証人信者の信仰を揺るがすことができるのだ。

ちなみにあげられているスキャンダルは以下。

  • ものみの塔協会は国連の提携NGOに登録していた
  • 軍需産業やフィリップモリス社(煙草メーカー)の株式運用を行っていた
  • ものみの塔協会は内部で起きた幼児性虐待を組織的に隠蔽していた
  • ものみの塔協会二代目会長ラザフォードはアル中(アルコール中毒)だった。
  • 同ラザフォードは金満生活でウハウハだった
  • ものみの塔協会は秘密結社フリーメーソンと関係がある
  • ものみの塔協会初代会長ラッセルの墓はピラミッド~♬
  • 日本のものみの塔協会では幹部が寄付金100億円使い込んだ

この資料に掲載は無いが、ものみの塔協会には以下のスキャンダルもある。

  • ブルガリアのエホバの証人は輸血OK!
  • 千葉の大会ホールに外人信者用の納骨堂がある
  • 輸血拒否って子供を殺している

墓がない日本のエホバの証人は復活しない

ものみの塔スキャンダルの事実に即した証拠を挙げているエホバの証人解約資料

この資料の優れている点2つ目。事実に即した証拠を挙げていること。

ものみの塔協会はもうすぐハルマゲドンが来るとか言っているトンデモ組織なのだが、建前上は科学的証拠を重視している。出版物などにも権威のある書籍から引用し、科学・事実に基づいていると主張。

それは全部ウソで、学術書などから一部だけを恣意的引用して都合の良いように使っているだけ。

とはいえ、エホバの証人は完全にものみの塔協会の洗脳下にあるので、科学的・学術的証拠は重要視する姿勢をとる。

そこで、この資料に並ぶ、以下の事実に基づいたものみの塔スキャンダルの証拠が有効なのだ。

  • webページのスクリーンショット
  • ものみの塔誌!
  • エホバの証人組織が各会衆の長老に送る”内密な”手紙
  • ニューヨークタイムズの記事
  • GoogleMap
  • 登記簿

ものみの塔協会のスキャンダル対応を明かしているJW解約資料

ものみの塔スキャンダルがいくつあってもエホバの証人は動じない。ものみの塔側が先手を打って、エホバの証人に対して都合の良い言い訳をしているから。

何事にも内部に対する反応と外部に対する反応がある。ものみの塔スキャンダルも同じ。ものみの塔スキャンダルに対してものみの塔組織は内部のエホバの証人に対しては、いつもの噓八百で乗り切る。

では、ものみの塔スキャンダルに際してものみの塔協会は外部に対してはどう反応したのか?この顛末がこの資料には載っている。これがエホバの証人の洗脳解除に非常に有効。

ものみの塔の対応は基本的には内部には秘匿、外部には媚びとお粗末対応。どのスキャンダルも、かつてヒトラーに股を開いたものの、逆に弾圧されたものみの塔協会らしい顛末。ものみの塔=完全に娼婦※。

このお粗末ストーリーは次回に。

※私には娼婦を貶める意図はありません。ものみの塔協会が自分たち以外の宗教を大いなるバビロン、娼婦と呼んで蔑んでいます。その娼婦が寄り添うのは、緋色の野獣=国際連合とヨハネの黙示録を勝手に読み替えているのです。しかし、そのものみの塔自身の行動がまさに娼婦という皮肉。

児童虐待が隠蔽されている王国会館を通報せよ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください