千葉真一の墓がないのはエホバの証人の兄弟姉妹のせい

死んだ親族の名誉をも傷つけるエホバの証人

ネットニュースで下記の記事を発見。

千葉真一のお墓問題 「エホバの証人」「創価学会」…親族が宗教を巡って“対立” | デイリー新潮”

記事によると、8月にコロナウイルスによる肺炎で亡くなった俳優の千葉真一氏の墓が決まらず紆余曲折しているとのこと。

本人の希望で、とある寺に墓を建立する予定だったらしいのだが、それに待ったをかけたのが、娘と千葉真一氏本人の姉。この二人が創価学会員で、対立する宗派の寺に埋葬されるのに断固反対!しているということ。

それでどこからエホバの証人が出てくるのかと言うと、この続き。千葉真一氏の母親、弟、妹がエホバの証人に入信していて、宗教モザイク一家だとこの記事は書いている。

墓が決まらないのは学会員の親族のせいなので、この件にはエホバの証人は関係ない。とばっちりもとばっちりなのだが、それがカルトに足を踏み入れた者の定め。死んだ親族の名誉にも傷をつけるのがエホバの証人

親族の死に目にも駆け付けない薄情なエホバの証人

この記事では、さらにエホバの証人の弟、妹にさらに飛び火している。千葉真一氏本人の死に目に駆け付けたのは創価学会員の姉だけで、エホバの証人の弟、妹は来なかった薄情者扱い。

千葉真一氏が亡くなったのは82歳、これくらいの歳になると兄弟とはいえ、死の床に間に合わないことも多いだろう。親子とは違う。他人にとやかく言われることではないと思うのだが、これもカルト信者なので仕方がない。

エホバの証人というカルト信者は薄情なのは事実。エホバの証人以外は来たるハルマゲドンで全員死んで、地上をエホバの証人だらけにするという野望を抱いている薄情というか、ほぼ性格破綻の独断集団だから。

死に目に駆け付けなくて薄情者くらいは、エホバの証人である以上は言われても仕方がない。おおかたエホバの証人の集会にZOOMで参加中で間に合わなかったのだろう。

さらに、エホバの証人は葬式などになれば、焼香や祈祷を避けて儀式の空気に水を差す。生者が成し遂げたことの決してない死という一大事を乗り越えた人物を、謹んで見送るという場を汚すのがエホバの証人。

エホバの証人は焼香や祈祷は宗教上の理由で出来ません。と平気で言う集団。そりゃ無神経で薄情者と言われてしかるべき。

親族にエホバの証人や創価学会員がいるだけで、死んだあとに墓をどこにするかというしょうもないもめ事が起こる。宗教にハマった人たちのおかげで要らぬ詮索を受け、穏やかに成仏することもできない。

カルトにハマるとろくなことがない。死んだ親戚の顔にまで泥を塗ることになる。全世界のエホバの証人にはぜひ自戒して頂きたい。

本ブログのテーマとは逸れるが、こうして報道され、死者の名誉を汚すことになっている以上は創価学会員も似たようなもの。かつて、布教活動中のエホバの証人と創価学会員が鉢合わせてよくいがみ合いになっていた。ここはうちの縄張りだ~という感じ。ここはうちのカモの狩場だ~ということ。

所詮は同じ穴のムジナ。宗教は程ほどに。

カルト被害者の死~エホバの証人信者の葬式と墓や遺骨について


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください