カルト被害者の死~エホバの証人信者の葬式と墓や遺骨について

献身というカルトな儀式

私は、物心ついた頃からエホバの証人2世として育てられた。その元凶となったのがT姉妹という女性のエホバの証人である。エホバの証人はお互いを○○姉妹、○○兄弟と呼び合う。

エホバの証人信者にとって、兄弟姉妹になるのはバプテスマという献身の儀式を受けた人だけ。この献身は出家のようなもので、身も心も全財産すべて、ものみの塔協会に捧げますよと誓うことだ。

汚いプールの水の中に体全体を浸すという儀式なのだが、カルトに何もかも捧げる覚悟など危険すぎるのでやめるべき。そして自分の一生を左右する重大かつ不必要な決断なのに、バプテスマを受ける信者たちは安易にその道を選ぶ。

信者に献身させ、何もかも奪い取るのが、ものみの塔協会の体系化された洗脳手法の最終成果。

エホバの証人の財産搾取法についてはあなたの全財産を奪うカルトによる洗脳

私の家族がカルトに汚染された原因

T姉妹が私の家を訪れ、未信者だった私の両親をエホバの証人の世界に引きずり込んだ。エホバの証人的に言うと真理に導いたということになる。

このT姉妹が私の家を訪れていなければ、私は普通の幼少期、少年期を過ごし、私の家族も崩壊することもなかった。”はず”である。もう大昔のことなのでこんなことを言っても何も始まらない。

他の、もっと激しく危険な破壊的カルトにはまって、家族まるごと全滅死していたという可能性もある。カルトに引きずり込まれる人にはある種の弱さや隙があるから。

亡くなったカルト被害者

私の家族にとって元凶となったT姉妹だが、今となってはこのT姉妹を恨んだり責めたりという気持ちは一切ない。確認したことがないので、知る術はないのだが両親にしても同様だろう。

理由は、このT姉妹ですら、ものみの塔協会によるカルト被害者だから。実は、このT姉妹は30年以上前に若くして亡くなっている。

幼い私にT姉妹は優しかった。両親とも仲良くしていたように記憶している。そのT姉妹がまだ40代くらいだったと思うのだが、若くして亡くなってしまった。ガンが何かの病死だった。

彼女は動けなくギリギリまでエホバの証人として、報われない、誰のためにもならない不毛な活動をしていた。エホバの証人としての活動は有害でしかない。カルトの手先となり被害者を増やしているだけなのだから。

エホバの証人の葬儀

エホバの証人は葬式をしない。ものみの塔協会が禁止しているから。キリスト教式でも、日本風のお坊さんを呼んで仏式のどちらの葬式も行わない。葬式は、エホバの証人には異教異端の他宗教の行事ということで毛嫌いされている。

このT姉妹にしてもそうだった。王国会館でお別れの式と称してエホバの証人信者だけでしめやかに別れを悼んだのだった。

このお別れの式では、香典なども渡されないし、喪服も着ない。信者たちは、通常のエホバの証人の集まりに近い服装で参加する。エホバの証人はもともとが地味な服装で、きっちりした格好をしているので雰囲気としては問題ないのだが、黒いネクタイを締めたりはしない。あくまでもエホバの証人様式を貫くのだ。

T姉妹の旦那さんはエホバの証人ではなかった、2人いた子供たちは成人しているかいないかくらいだったが、片方は熱心なエホバの証人で、もう片方はエホバの証人組織を離れていた。

家族の中でもT姉妹の死を巡ってもめたはずである。旦那さんは通常のお葬式を出したかった。信者でない息子にしてみれば、T姉妹の遺骨をお墓にいれ自宅の仏壇に置きたかった。

葬式なし墓なし遺骨なしのエホバの証人

エホバの証人は墓に埋葬されることを望まない。T姉妹の願い通りになった。熱心な信者だった片方の娘と同じ会衆の信者たちが、強引にエホバの証人方式でT姉妹を送ったのである。遺骨を一切残さずT姉妹は火葬されたのだった。

T姉妹の旦那さんは、配偶者の死に際し、血迷った集団と醜く埋葬方法についてもめるのを良しとせず、本人の意思に任せたのだろう。どちらにせよエホバの証人たちは一切譲らない。

人間らしい曖昧な考え方や譲歩、歩み寄りといった美徳はエホバの証人にはない。ものみの塔協会の教義になると頑固一徹。葬式禁止。墓禁止の一点張り

エホバの証人の妄想である死者の復活

でもT姉妹は楽園で復活するからと、両親をはじめとした会衆の信者たちは言い合う。子供の私もこれを信じて疑わなかった。T姉妹は、模範的で立派なエホバの証人だった。だから、近いうちに勃発するハルマゲドンという最終戦争のあとの永遠の楽園に蘇るのだと。

ものみの塔協会の教義に従っていれば、ハルマゲドンという神の裁きの日を生き残ることができる。そして、その後のエホバの証人だらけの地上の楽園で、永遠の命を緩慢に享受できるというのが、ものみの塔協会の主張。

その地上の楽園には、従順で忠実だったエホバの証人たちが過去何千年にも遡り復活するというのだ。だから、人の死に際して悲しみすぎるのは良くないとエホバの証人たちは言う。

ナンセンスの限り。実際に家族を失い、悲しみに暮れている瞬間の人にもそうのたまう。これも洗脳の手段。家族を失った心の弱みに付け込む戦法。復活して再会できるかもという希望にすがらせる。

百歩、いや二千歩ぐらい譲って、人間の復活があり得るとしよう(書いていてバカバカしいのだが)。しかしT姉妹が復活すると、どうして一般信者であるお前らが言えるのか?

ものみの塔協会の教義では、人類の生殺与奪権を握るのは神エホバである。生前のT姉妹がその神に対して、ものみの塔協会の戒律に反する罪を犯していなかった保証などない。人には裏表がある。

彼女が本当にエホバの証人的教義を守り抜いていたか、それは本人にしか分からない。エホバの証人的復活があったとしても、T姉妹がそれに該当するかどうか。判断するのは神ということになる。

ものみの塔教理的にも、彼女が忠実なエホバの証人でなかった場合は、今回のT姉妹の死は、今生の別れであった可能性もある。この辺りのお気楽さ、楽観、命の軽視がエホバの証人の特徴。

エホバの証人が復活することなどあり得ない

T姉妹の死から30年以上経ち、未だハルマゲドンは起こらない。よってT姉妹の蘇りも起こっていない。そもそも金輪際そんなことは起こらない。

人は復活などしない。今の生涯だけが全てである。何かを残したければ、今この瞬間を励むしかない。復活への妄信から生み出されるものは何もない

T姉妹の遺骨は残らず燃やされてしまった。その状態から復活することなど有り得ない。どこからどうやって細胞や脳組織が復元される?聖書にも書いてある。最初の女性は最初の男性アダムの骨から作られたと。

せめて遺骨だけでも残しておけば、DNAから復元が可能だったのかも知れないのに皮肉なものだ。人は死ねば、一切が消滅する。今の一生で、成すべきことを成すしかない。復活などあり得ないのだから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください