元JW2世の不吉な薄暗い部屋での最初の記憶

元エホバの証人2世の親との確執 

私は生まれながらのエホバの証人二世(通称JW二世)として、両親に厳格にものみの塔協会の戒律を押し付けられて成長した。しかし、そのことで両親を全く恨んでいない。両親はものみの塔協会に騙されただけだったから。

両親からは、懲らしめと称してエホバの証人風の体罰を繰り返し何度も受けた。ものみの塔協会の訳の解らない教義を押し付けられ、全く自由のないまま14歳まで育てられた。

ものみの塔協会の戒律は禁止事項が多い。エホバの証人二世にとっては、常に周囲の子供との違いを意識せざるを得ないため辛い子供時代を送ることになる。それでも、私は両親に対して感謝こそすれ、恨みに思ったことなどない。

ただエホバの証人をやめると決意し、実際にやめようとしていた14歳のときに、私は両親と劇的にぶつかることになった。両親が信じるものみの塔協会の教義に対し私は徹底的に暴言を吐き、戒律のちょっとした不備を論破した。

人生の意義はその短さにあり、その短期間を自身の意思で駆け抜ける必要がある。両親が疑いもしない神エホバすら、私にとっては自身のエゴで世界を滅ぼそうとする悪の化身だった

14才の私に続き、父→母の順でエホバの証人をやめたのだが、組織から脱退の経緯で私の家族は崩壊することになる。

エホバの証人の子供とは

ものみの塔協会に関わったことで私の一家は離散することになった。しかし、もとを正すと父をエホバの証人に引きずり込んだのは私だった。

最初は母親から。物心つく前の幼い私を連れて、母親がエホバの証人の王国会館に通い始めた。これは40年ほど前、1980年代前半のこと。エホバの証人の王国会館とは集会場のこと。当時は粗末なプレハブ小屋のような建物だった。

エホバの証人の王国会館に連れて行かれた私は、集会中に静かに座っていることができなかった。活発というかやんちゃだった幼い私にとって、1時間から2時間も訳の分からない話を聞いていることなど不可能だった。

幼い私の落ち着きの無さは子供の特徴でもあり、私の個性だった。逆にエホバの証人の王国会館に連れてこられている子供たちは、2時間の集会の間じっと大人しく座っていることができる。

中にはノートをとりながら講演者のありがたい講話を聞いている子供もいる。さらに手を上げて発表するような子供まで。王国会館に連れてこられている子供に個性は一切認められず、大人しく座っているのが単純に正とされている。

危険なカルトに陥った責任の所在は

エホバの証人の王国会館での私のソワソワは、幼いながらにカルトに関わることの危険性をアピールしていたのかも知れない。ところが、私のささやかな抵抗は母親に一切認められることはなかった。

とある日曜の午後、母は王国会館で大人しく座っていられない私に対して怒りを爆発させた。おそらく午前中の王国会館での集会での私の態度がひどかったのだろう。日曜で仕事が休みだった父親も交えて、私は散々に怒られることになった。

不吉な薄曇りの日曜の午後。あの薄暗い部屋での出来事が私の生まれてからの最初の記憶となっている。母親の怒りから逃げるために行った私の

「お父さんも一緒に来てくれれば、大人しくしているかも」

この一言で父親の運命までも変わってしまった。父も翌週からエホバの証人の王国会館に通い始めることになった。しかし、この責任を私は全く感じていない。

母親が最初に偽りの”真理”を聞き、エホバの証人を家に招き上げてしまった。しかし、その母親を責める気持ちも全くない。

母親と聖書研究を行い、献身に導いたT姉妹氏、彼女もまた被害者。誰かが悪いという問題ではない。大事なのはエホバの証人を解約した今を含めたこれからをいかに生きるかということ。

献身とはエホバの証人でいうところの洗礼、バプテスマと呼ばれる。身も心も全てものみの塔協会の捧げるという誓いを立てること。後に父もこのバプテスマを受けることになる。

母親の聖書研究の司会者だったT姉妹氏、既に絶命している。エホバの証人はバプテスマを受けるとお互いを兄弟・姉妹と呼び合う。死んでいった人を悪く言いたくないのだが、このT姉妹氏が我が家に来なければ。まさに不幸の伝道者。

まさに「不幸の伝道者」であるエホバの証人

カルト被害者の死~エホバの証人信者の葬式と墓や遺骨について


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください