あなたがスグにエホバの証人をやめるべき理由

エホバの証人をやめた父親の奇跡的な生還

エホバの証人をやめた私の父親は、夜の防波堤を海の際まで無意識に歩くという自殺未遂直前の行動に出た。これは、20年もエホバの証人活動を続けて、取り返しのつかない所まで来てしまっていることに絶望した結果。

そして家を飛び出し、母親と離婚し一家離散状態に。さらには放浪の末に一文無しとなり、もう死ぬしかないという状態に陥る。

死の淵に何度も迫った私の父親だったが、この状態から奇跡的に生還する。これだけしか話さないとエホバの証人たちだと、まさにエホバ神の救いなどと言い出す。

父はこのとき、これで負けたら死のうと決めた最後のパチンコで何度も勝った。最後の金で打つ決死のパチンコで何度も救われた

本当に神がいるのなら、父は神に救われたのかも知れない。奇跡としか言えない。ここ一番のパチンコで何度も連続して勝ち続けるというのはまさに奇跡。

ギャンブルは基本的に胴元が儲かるように出来ている。人間が作ったシステムなので、攻略・必勝のルートはどこかにあるのだが、そんなもの関係なしでの連勝というのは奇跡。

冗談のような話だが、博打好きな神にしか出来ないこと。父親を生かしてくれたのはやはり神なのかも知れない。

ただ、その神はものみの塔協会が存在を主張するエホバという神でないことは明らか。ものみの塔協会はギャンブルを認めていないし、離婚、喫煙と戒律に反し続けた父親がエホバに救われる所以はないから。

エホバの証人という全ての羊たちのために

私の父親は、放浪し死にかけるというひどい目にあった。これをエホバの証人に言わせれば、真理から離れた結果ということになる。しかしもとをたどると、元々はエホバの証人や王国会館にさえ近づかなければこんなことにはならなかった。

エホバの証人活動を20年も続けると待っているのはこんな末路。エホバの証人を辞めるのは、早いほどいい。物質的なものを多く失わないうちにエホバの証人をやめるべき。職を失う前にエホバの証人を辞めるべき。職を失う頃には、精神も深くものみの塔に蝕まれている。

家から家を周り、さらなる犠牲者を生み出すエホバの証人は危険な厄病神。ただ彼らエホバの証人も無知で騙され、搾取されている被害者。取って喰われるだけの羊たちを責めてもどうしようない。

何もかもものみの塔に賭けてしまって、全て失った後だからエホバの証人を辞めることが出来ないという人がいるかも知れない。残ったのはエホバの証人組織との絆だけだからやめられないということ。それは間違い。

あなたが最後に残ったエホバの証人との人間関係を失うのイヤだからという理由が、あなたがエホバの証人を続けて良い理由にはならない。そんな自己中心的な理由がまかり通るとは思わないで欲しい。

あなたがエホバの証人を続けることで、ものみの塔というカルト組織が潤う。僅かでも寄付金を出したり、活動に時間を費やすこと、組織の名簿に名を連ねることで、ものみの塔に協力していることになる。悪事に加担しているということ。

今すぐにものみの塔という悪事への加担から足を洗い、孤独に打ちひしがれるべき。本来の人生に絶望すべき。そこで初めて人生の真理を垣間見ることができる。

ものみの塔協会が隠す人生の真理


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください