ものみの塔協会が隠す人生の真理

エホバの証人をやめたパチスロ好きな親子

かつてエホバの証人の長老だった私の父親は、エホバの証人をやめた後、母親と離婚し家を出る。その後、あてもなく放浪した。西へ向かい九州にまで流れ着いく。

所持金はほぼ無くなり、何も食べられず泊まる場所も無く、もう死ぬしかないというところまで至る。そして、最後の金でパチンコ屋へ入る。このあたりが親子なのかも知れない。

私もこの父親との再開の数年前、新卒で入社した会社で5年働いた後、退社し本気でパチプロになろうとしていた。

エホバの証人という無謀な生き方をしている人を何千人も見てきて、人は何とかして喰っていくくらいなら出来るということが分かっていた。エホバの証人は学歴も職歴も欲せず、定職にもつかないが、飢えて死んだ信者は見たことがない。

エホバの証人2世として生まれてしまった私の生は、どうせろくなモノではない。今さら世間的な地位や名声などを必死に追い求める気にもなれなかった。

私は、ハルマゲドンで死ぬまでサッカーをやり尽くしたいという激烈な意思でエホバの証人をやめた。しかし、それも諦め、洗脳が解けてハルマゲドンは来ないと知ったエホバの証人2世の適当な生き方。

ハルマゲドンが来ないのなら意外と人生は長い。生き方を見定めないといけないと私は思い、パチプロへ転向したのである。パチプロという世間に依存しないアウトローな生き方は、いかに反エホバであるかという私が追い求めていた生き方にマッチしていた

しかし、私の父親は洗脳が解けて、何もかもが取り返しのつかない状態であることを悟り、死ぬ気でパチンコを打っていた。

これは私がフラフラとサラリーマン兼業のセミプロからパチプロに転身しようとしていた頃。私の適当さ加減ではセミプロ時代のように勝ち続けることは出来ず、半年ほどでまた仕事を再開せざるを得なくなった。

時を同じくした私の父親の話。こちらは最後の金を握り締めたカツカツの勝負。これで負けたら死ぬしかないという鉄火場で、私の父親は最後のパチンコで大勝してしまう。しばらく生き延びられるほどの金が天から降ってくる

そうしてまた所持金が無くなり、やはり死ぬしかないという状況に陥る。ここでまた最後のなけなしの金でパチンコ屋へ行く。これが何故か負けない。パチスロ台の奇跡とも思える1/8000とか1/30000という確率のレアな大当たりを引き当て、また生き延びる。こんなことが数回あったと父親は言う。

永遠の命は輝かず人生の真理は絶望の淵にある

目の前で元気そうな顔でこんな話をしているから、パチンコ好きな親子としては笑い話で済んでいるのだが、本当は父親は死に場所を探していたのである。ものみの塔というカルトに全てを奪われた絶望から死に至ろうとしていた。

しかし父親は死ななかった。死ねなかった。とにかく何かに押し留められるように、あと一歩のところでこの現世に踏み留まった。未だ死ぬべき時ではなかったということ。

本当に生きていてくれて良かった。7~8年ぶりに再開したこのときに私はそう思った。

絶望の淵に立たされた元エホバの証人は自殺衝動に駆られる。しかし人生の真理はその絶望の淵にある。若さや時間という絶対に取り戻せないものを含めて、何もかもを失っても、人生は生きていくだけの価値がある

何故ならものみの塔協会の洗脳下に無い生き方こそが本当の人生であり真実だから。人生は儚く短い。永遠の命などありえない。それがものみの塔協会が語らない人生の真理である。

吹けば飛ぶような微かな命の灯し火だからこそ、時には大きく輝く。また、人生は残酷で良いことや救いなど何もない。時にそう思えるのも人生の真理。それでも生きる価値の無い生命体などこの世に存在しないのである。

この世に生を受けたからには、もはや神にもその命を滅ぼす権利は無い

エホバの証人に自殺者が多い理由①