国際連合NGO加盟の発覚後のものみの塔協会のお粗末対応

国際連合の言いなりになるものみの塔協会

ネット上で発見したJW解約資料。第三弾「組織とスキャンダル」の優れている点3つについては前回紹介。今回はスキャンダル発覚前後のものみの塔協会のお粗末対応について突っ込んでおく。

資料のダウンロードはこちらから。

ものみの塔が国際連合のNGOに登録していた件。国連NGO登録用件として国際連合の広報を行うことが謳われている。

同時期のものみの塔協会の「目ざめよ!」誌では、頻繁に国際連合について取り上げられている。

ものみの塔らしい回りくどい記述だが、もろ国際連合の活動について掲載。その上で必ずしも国連の行動だけでは解決に向かっていないので、神による世界政府が望まれるというような結論付けがされている。

おいおい、国際連合って緋色の野獣なんじゃなかったっけ?ものみの塔協会は国際連合を緋色の野獣と蔑み、それに腰掛ける娼婦を大いなるバビロン、異教の宗教全てと政治に寄り添う宗教団体として批判している。

それにしては、ものみの塔協会が国連NGOに加盟していた時期の「目ざめよ!」誌の記述は幾分かは国連に好意的、自分たちと同じ方向を向いているという書き方。

媚び方がキモイ。徹底的に攻撃していたかと思えば、活動目的は同じですね~と言い出す始末。お粗末協会。

信者のエホバの証人もこの記事を見て違和感を覚えなかったのか?不思議な話ではあるが、洗脳下の信者たちは記事の裏側を推測したり、行間を読む習慣がない。国連が緋色のケダモノであることを忘れ、「国連もやることはやっているけど、まだまだものみの塔協会には及ばないわね」と記事を鵜呑みにしてしまう。

国際連合にしてみても、こんなカルト団体をNGOに加える時点でどうかと。広報しているのか、暗にけなされているのか?分かったもんじゃない記事の数々。普通に広報してねというところだろうが、恐らく相手にしていなかったというかいちいちチェックしていなかったのだろう。

国連NGO加盟がバレたら即退会&前言撤回&言い訳で逃げ切る作戦のものみの塔協会

ものみの塔協会の国連NGO加盟が明るみになった際の対応もお粗末協会。とりあえず、バレたので即登録解除。みっともないことこの上ない。

ものみの塔協会は、各会衆の長老宛ての内密の手紙を出し本件の弁明を行っている。手紙の冒頭に以下のように書いている。

反対者たちは、私たちが国連と秘密の関係を持っているとの根拠のない主張を公にしています

いやいや、秘密じゃなくて公開されていたし、そしてそれが根拠。会話が成り立たない。エホバの証人全般が会話不能なのは、上層部の影響か。会話不能であることまで組織化されているとは驚愕のお粗末組織。

この手紙の中では、事実を認めつつ言い訳に終始している。事実とは国連NGOに登録していたこと。それを認めているのに、冒頭では根拠のない主張と言っている。矛盾だらけ。矛盾お粗末協会。

この手紙の中では、

この回覧状は、私たちが以前にしてきたあらゆる回答に置き換わるもの

と書かれている。この手紙では国連NGO加盟を認めて言い訳に徹しているのだが、以前にしてきた回答とは、何なのか?「国連NGO?入っている訳ないでしょ」か。否定し続けていたのだが、逃げ切れなくなると前言もろとも撤回。言い訳で逃げ切るんだ作戦。ギャグ協会ですか。


“国際連合NGO加盟の発覚後のものみの塔協会のお粗末対応” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください