国連の図書館を借りるために股を開くものみの塔協会は大淫乱

図書館を借りるために股を開くものみの塔協会

インターネットで発見したペンネーム「真理真」さん作成のJW解約のための資料。ダウンロードはJW解約-エホバの証人の真理を検証する

第三弾「組織とスキャンダル」、この資料の良い点としてスキャンダル発覚後のものみの塔協会の対応の顛末が記載されていること。内部のエホバの証人信者にはひた隠しにされる事柄なので、本人たちが知ることと、隠蔽されていたと気付くことが脱塔・洗脳解除への一歩。

この資料には、ものみの塔協会が国際連合のNGOに加盟していたというスキャンダルが記載されている。本件に対するものみの塔協会のお粗末対応については前回の記事で述べた。さらに、内密の言い訳用内部文書が面白いので紹介する。

ものみの塔協会は国際連合を緋色の野獣と呼び、その上に乗る娼婦を大いなるバビロン、つまりものみの塔以外の全ての宗教団体としている。これはヨハネの黙示録の一節をものみの塔風に都合よく解釈しているだけなのだが。

その緋色のケダモノこと国連のNGOに登録していた目的について、ものみの塔協会が以下のように弁明している。

国連の図書館施設で、健康、環境や社会問題についての調査資料を利用するため

図書館を利用するためなら、国連の組織に加盟しちゃうということ?図書館を使う目的は自協会の出版物製作の資料集め。神聖なる統治体の諸君なら、緋色の野獣図書館に通わなくても、神の聖霊を浴びているから、出版物書けるんじゃないの?

言い訳が苦しい。私は図書館を借りるためなら股を開く娼婦です~♬と言っているようなもの。ものみの塔協会は、自らが緋色の野獣に媚びを売る娼婦だった訳だ。

エホバの証人はテロや殺人も厭わない集団である

図書館を借りるためなら股を開いても良いというのが、ものみの塔協会の主張なのだが、これはものみの塔特有の神権的戦術と呼ばれるもの。

神権的戦術とは、神エホバのためであれば、何をしても良いということ。これが全エホバの証人に徹底されている。・・・ということは、エホバの証人ってトンデモないヤバい集団なんじゃない?と思ったあなた。大正解。

エホバの証人は、殺人や自爆テロさえも厭わないカルト集団。(ちょっと極端過ぎるが、言い過ぎではない)

ものみの塔協会は信者のエホバの証人たちに、国家などの上位の権威に服し、良心的な市民であり、隣人に愛を示し誠実に生きるよう求めている。しかしながら、神エホバへの忠誠を守るためならば、国家の法律や一般的な道徳律を守る必要はないとも教えている。

そのため、エホバの証人たちは、国家権力や親せきには平気で嘘をつく。今日は病気なので会社を休みますと言って、エホバの証人の大きな集まりに出かけたりする。国家がエホバの証人に迫害を加えれば、同胞のエホバの証人を必死に匿う。

神エホバのためなら手段を問わない、つまりは何でもあり。

ものみの塔組織が(神エホバの声を代弁している体で)地下鉄に毒ガスをまけと言えば、恐らく一部のエホバの証人は巻きかねない。「これがハルマゲドンじゃー」とか言っちゃうんだろうね。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください