エホバの証人の三段跳びからのハイジャンプ論法

エホバの証人の1914年の教理とは

ネットで見られるJW解約資料より。第5弾の「1914年と終わりの日」

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

エホバの証人の重要教義に「1914年にキリストが再臨した」というものがある。その再臨後にエホバの証人が神から選別されたという設定。この設定ゆえに、ものみの塔協会だけが真理を知る組織であると自称している。

かつて、ものみの塔協会は1914年を「ハルマゲドン」が来る年だとしていた。ハルマゲドンとは、目に見える形でのこの世の事物の体制の終焉。ご存知のように1914年は前の大戦が始まっただけ。

1914年にこの世の終わりが来なかった。そこで、ものみの塔協会は1914年が目に見えない形でのキリストの再臨の年とこじつけて予言ハズレをなかったことにした。目に見えないお人がどこで王座につこうが、日本人には一切関係ないのだが。しかし、エホバの証人にとって1914年の教理は組織の権威付けの元となる最重要教義となっている。

エホバの証人の三段跳び論法

この1914年が計算された根拠は、聖書に書いてある「七つの時」という記述。七つの時は、ネブカドネザル王が狂人になっていた期間を示している。これは旧約聖書のダニエル書。

もう一つの根拠は、新約のルカ「エルサレムが諸国民に踏みにじられる・・・」「異邦人の時」という記述。これはエルサレムの崩壊をキリストが預言したもの。

この七つと異邦人の時をくっつけて、この世の終わりの時の預言だと主張しているのがエホバの証人。ぶっ飛びすぎだろ。

織田信長の「天下布武」と昭和の「所得倍増」をくっつけて、「令和亜細亜共栄圏構想」とか言い出すレベル。まったく関係のないものを結びつけて、こじつけただけ。

ものみの塔協会の根拠って、こんなにごく薄0.01ミリくらい(ものみの塔の挿絵的にサブリミナルで下ネタを埋めこんでる・・・)なのに、エホバの証人たちは信じきって疑いもしない。これが洗脳の効果。

エホバの証人のもうひとっ飛び論法

七つの異邦人の終わりの時という三段跳びだけでは、1914年にたどり着かない。もうひと飛び必要。

そのもうひと飛びが七つの時=2,520年というもの。これはヨハネの黙示録に書いてあって、また別の時代に書かれたもの。これは三時半が1260日、倍の七つなら2520日。そこからの~1日が1年とか、もういっちょ論理飛躍をかましてくれている。

とある年から2520年経過したのが、やっとの1914年。ここまでだいぶ無理をして、ぶっ飛んできた1914年教理だが、まだ1914年にはたどり着かない。最後にハイジャンプ級の飛躍が待っている。この件は明日三段跳びからもうひと飛びのハイジャンプ論理飛躍