ものみの塔の起死回生の打開策はエルサレム陥落BC607年をBC587年だと認めること

ご利益主義のエホバの証人

昨日の記事で、ものみの塔協会の権威の根拠である1914年の教理、その年代計算の起点となるBC607年が無根拠と書いた。

BC607年はガセで、考古学界の見解はBC587年が定説。こうなると1914年はキリスト即位の年でも何でもなく通常の年。すると、1919年にエホバの証人が神の民として選別されたなんてことも、あり得ない。

「BC607年」 + 「七つの時2520年」 = 「1914年」の三段跳び論法はエホバの証人の三段跳びからのハイジャンプ論法 

1914年教理が崩れるとものみの塔協会の権威の根拠は消滅する。別の次元の話で、1914年は末端のエホバの証人たちにとっても重大な年。その理由は1914年がものみの塔協会の預言する「終わりの日」の終わりに密接に関わっているから。

末端のご利益を得たいエホバの証人信者にとっては組織の権威云々より、この世 の終わりの日に生き残れるか否かが重要。終わりの日の終わりを生き残ると永遠の楽園での永遠の命が付与される設定になっている。

不確実な永遠よりも、生涯を全うする方が手堅い生き方であり、価値があると思うのだが。価値観は人それぞれだし、この点は人生論、宗教論になるので、押しつけは難しい。

「終わりの日」の終わりの延長宣言パート1とパート2

エホバの証人は終わりの日が終わることを待ちわびている。そして、その終わりの日は1914年と密接に結びついていた。元々のものみの塔協会の主張は、1914年が終わりの日だった。ジャスト1914年でこの世の事物の体制が終わり、神の王国が降臨するはずだった。

当然そんな事態は1914年には起こらず、

「1914年を見た世代が死に絶えるまでに、終わりの日の終わりであるハルマゲドンが来るんすよー」と延長その1。続いて1995年になって、1914年世代が死に絶えそうになったので、

「1914年の時代背景を含む世代が死に絶えるまでにー」みたいな苦しさ満点の延長その2。実質無期限に。

ご利益欲しさのエホバの証人にとってこの延長宣言は苦しい。この世の「終わりの日」の終わりの延長宣言。辛い辛いエホバの証人活動をしているのも、終わりの日を生還すれば永遠の命が貰えるから。その終わりの日の終わりがどんどん逃げていく。そんなもんないから。この生涯だけが全てなんですよ。

そんなこんなで、エホバの証人信者たちの心がポッキリ折れかかっているので、ものみの塔協会へ起死回生の打開策を提案。

人生も時も戻らないのに不確かな永遠にフルベットする危うさ

「実はエルサレム陥落はBC607年じゃなくてBC587年でした。」考古学に寄せちゃう。すると「BC587年」+「七つの時2520年」で、あーら不思議1934年が終わりの日の始まりになる。

となると1934年を見た世代が死に耐えるまで。平均寿命が延びているので2025年くらいまで終わりの日を引っ張れる。「2025年にハルマゲドンが来ます」で、終末ビジネスを加速。信者大獲得の最後のチャンス!

こんなバカげたことをやってくれたら、盛大に攻撃するのだが、これはあながちバカげた話ではなくて、「1975年にハルマゲドンが来ます」キャンペーンで、かつてものみの塔協会は信者の大量獲得を行った。まあその後、多くのご利益欲しさの信者は去ったのだが。

日本のエホバの証人はご利益主義なので、1914年だとか1919年に神に選別されたとかどうでもいい。自分がこの世の終わりに救われたいだけ。出来れば家族も。

だから、エホバの証人に目を覚ましてもらうには、この世の終わりなんて来ないことを理解してもらうこと。それが無理なら、今日が自分にとってのこの世の終わりになるかも知れないという事実に気づいてもらうこと。

不確かな楽園での永遠の命なんかより、貴重な今。交通事故とかにあうと、全て終わっちゃう。そんな貴重な今を差し置いて、不確かな楽園での永遠の命にフルベットしている危うさ。暴走状態。それにお願いだから気付いて。人生も時も戻らないんです。


“ものみの塔の起死回生の打開策はエルサレム陥落BC607年をBC587年だと認めること” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください