ものみの塔協会が主張する「創造者の約束」にムリがあるワケ

ものみの塔協会の真理変更

昨日の記事で、エホバの証人の1914年の教義がウソだった。ゆえに1919年に選別されたとするエホバの証人の統治体の権威付けには根拠がないと書いた。

1914年の教義が間違っていたと言えるのは、エホバの証人の「目ざめよ!」誌の発行目的の文章から「1914年」の文字が消えたのが理由。1995年の11月を境に消失。都合の悪い1914年の教理に蓋がされた。自ら誤りを隠している。

1995年10月22日号以前の発行目的には

1914年の出来事を見た世代が過ぎ去る前に平和で安全な新しい世をもたらすという、創造者の約束

となっているが、1995年11月発行号以降は

現在の邪悪で不法な事物の体制に取って代わろうとしている、平和で安全な新しい世についての創造者の約束

と進路変更。真理変更。

変更の前でも後でも、この発行目的をちょっと読んだだけで、ものみの塔協会のヤバさが分かるのだが、何でこんなものに我が家は一家揃って騙されたのか?

創造者は約束などしない

ものみの塔協会の「目ざめよ!」の発行目的に、創造者の約束が云々かんぬんと書いてある。この創造者の約束が存在するという主張が異常。

創造者が約束なんてしないって。好きに創造すれば良いんだから。世界を創造する能力があるんだったら、思いどおりに創造すれば良い。今より良いものをもたらす約束などする必要ない。改良したければすぐに改良するだろう。

例えば、子供がプラモデルのロボットを作った。足を反対に取り付けちゃって、いかにもロボットが苦しそう。「来年になったら直してあげるからね。しかもそれまでちゃんと働いてくれたら」なんて条件付きで未来の約束をするか?

今すぐ直せと。お前が作り間違えたんだろと。創造者が自身のもたらした欠陥を補うための約束なんてしない。すぐに直すべき。お前のミスで創造物が苦しんでいるんだ。すぐやれと。全人類に突っ込まれる。

創造者の約束を語る奴らは大ウソつき

実際に創造者がいたとして、創造者の約束を知ることができるのが一部の人間だけってのはあり得ない。そんなことを言っている奴は間違いなく詐欺師。その代表格がものみの塔協会の統治体。

創造者は何か約束をしたければ、(する必要がないので、絶対しない)一部の人間を約束を知らせるルートとせずに、全創造物に通達する。それが公平であり、間違いがない。

伝言ゲームをすると必ず内容に食い違いが生じる。そんなまどろっこしい、危なっかしいことをする必要が創造者にはない。むしろ、そんな不安定な手段をとるおっちょこちょいだから、創造に失敗して、欠陥人間に創造しちゃった。

それなのに、さらに不毛な伝言ゲームに挑もうとしているんなら、だいぶヤバいぜ。とても創造者とは思えない無能さ。

創造主が一部の人間だけに、約束を知らせる理由がない。むしろ、一部の人間の方にその理由がある。創造者の名を借りて人を集めて金儲けしたいとか、創造主の威光を着て、自己顕示欲や権力欲を充たしたいという。

神は死んだか、元から存在しない、もしくは人間に無関心

つまりは、全人類が創造者の約束を知らないという現状を踏まえると

  1. 創造者はいない
  2. 創造者はかつては存在したが、既にくたばった
  3. 創造者は何の約束もしようとしていない

このいずれか。

1.世界は創造されたのではない。「進化か?創造か?」って言えば、進化でしょということ。

2.または神が世界を創造したのだが、その神は死んだか。いずれにせよ神はいない。

3.最後の選択肢、創造者が存在し、世界を創造した。ところが放置プレイ中で既に人類に無関心。ゆえに創造者の名をかたるカルトも放置。失敗作の人間が地球を焼け野原にしようと興味なし。

もうちょっと良い書き方をすると、神は、人類や世界の自由意志に任せて見守っている。余計な口出しは一切しないだけ。

まとめると、創造主の約束を語る奴はニセモノだから、気をつけろということ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください