エホバの証人のハロウィン禁止は危険、子どもに悪影響

ハロウィンとエホバの証人

先日、10月31日がハロウィンだったということで世間が騒がれていた。仕事でとある大学に行っていて、仮装している学生がいて何だろうと不思議に思ったのだった。

しかし、エホバの証人2世にとって、ハロウィン当日は何とも陰鬱な日になる。

エホバの証人(JW)とはキリスト教系を自称する新興宗教。2世とは宗教2世信者のことで、親の信仰を強制される子供のことを指す。エホバの証人は米国発祥で、日本ではものみの塔聖書冊子協会が宗教法人格を有している。

ものみの塔協会は他宗教に少しでも関係する行事を一切認めないので、エホバの証人信者にはハロウィンは禁止(のはずである)。

私がエホバの証人2世だった頃には、日本でハロウィンなど行われていなかったので、私はものみの塔協会のハロウィンに対する立場を知りようが無いのだが。

私がエホバの証人2世だった20年から30年前は、世間でハロウィンだと言って騒がれることは無かった。無用なイベントが増えて、現役のエホバの証人2世信者にとっては良い迷惑だろう。

ハロウィンは古代ケルト人を起源とする祭り。秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すという目的がある。元は完全なる宗教行事だったのだが、現在では宗教色は薄れ、仮装パーティーだったり、カボチャをくり抜いてランタンを作ったりとそれだけになっている。

そもそも日本でハロウィンが定着したのは商業界による戦略であり、宗教行事としての色合いは一切ない。エホバの証人は、それも重々承知で「商業戦略の一環である」という批判もしている。

そこまで分かっているのなら、いちいち禁止せずに個人の自主性に任せれば良いものを。

禁止事項の多いエホバの証人2世の学校生活は苦難の連続~エホバの証人のできないことまとめ

無根拠、エホバの証人の格闘技禁止の理由

JWのハロウィン禁止の危険性

正式な起源など世間的にはどうでもよくとにかく騒げば良い、楽しければ良い、思い出になれば良い、一般的にはそんなレベル。

しかし、それをものみの塔協会は認めない。エホバの証人2世にとっては陰惨たる気持ちになる日が増えて気の毒なことである。

私は、実際にものみの塔協会がハロウィンを禁止しているか調べてみることにした。

ものみの塔サイトを見に行ける心の余裕が出てきたこと、ハロウィンだと言ってバカ騒ぎしている奴らを見ても苛立たない心境の変化、こうしたことは数年前の私には考えられない。エホバの証人2世という自分の暗い過去を振り返ることがやはり私自身の癒しとなっている。

子供の頃、禁止されたクリスマスなど、若干の抵抗がある。相手がいれば、食事にでも行くのだが、そうでなければ無理にやらない。とはいえ楽しそうにバカ騒ぎしている人々をスルーできるほど人間出来ておらず。こうして、書いたり調べたり、自身の過去を客観視するのには癒し効果があるのかも知れない。

調べてみたところ、ものみの塔協会の立場は当然ハロウィンNG。この季節が来るたび、つらつらとハロウィンは良くありませんとやっているのだ。ご苦労なことである。

ハロウィンは「危険だから、悪影響がある」という文脈で語られていたのが、最も危険なカルトご本人が何を言っているんだか。何かを行ってそれを悪い方向に持っていくか、好転させるかは自分自身。

頭ごなしに何でも禁止される方が余計に危険ということをエホバの証人たちは知るべきハロウィン禁止は子供の自主性を阻害し、自分を異端と感じ、疎外感を味わう原因となる。子供の将来に暗い影を落とす。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください