自宅をものみの塔協会に献上するエホバの証人の洗脳状態

エホバの証人の会衆と群れとは

エホバの証人は地域ごとに会衆という単位に分割されている。会衆の成員は最大100名程度。信者の増減で会衆は分割されたり、合併されたりを繰り返す。会衆には○○会衆と大まかな地域名があてはめられている。

会衆の下に群れという単位があって、○○の群れというもっと小さな地域名で呼ばれている。群れというのはエホバの証人が自身のことを羊に例えているから。羊と山羊、羊飼いの言うことに従順で忠実な羊をエホバの証人に、ちょっと自由気ままで攻撃的なヤギを非信者に例えている。

会衆や群れの単位で集会と呼ばれるエホバの証人の集まりが開催される。私がその集会に参加させられていた1990年代頃は、火曜日の夜の集会は群れ単位で行われていた。

エホバの証人の集会は、基本的には王国会館という集会所で行われる。王国会館1つに対して基本は1つの会衆だが、会衆が複数割り振られていることもある。都市部では信者が多くなり、会衆が分割され元々の王国会館を複数の会衆で共有することになる。

群れとなると、とても王国会館では足りないので、信者の個人宅で群れ単位での集会が開かれる。私の家でもその集会が開かれていて、火曜の夜になると、車が何台も家の近くの路上に停められるという異様な光景が繰り広げられていた。

路上駐車は近所迷惑だし、周辺住民にとっては、夜遅くに集まって何をしているのか抜群の不信感。

エホバの証人の集会とは?日程・曜日・服装などまとめ

エホバの証人が自宅までをものみの塔協会に献上するようになったらおしまい

集会に自宅を提供出来るというのはエホバの証人にとって喜びであり、特権であると考えられていた。そのため、真面目で模範的な信者の家でこの集会が開かれる。模範的とはどれだけ熱心にエホバの証人活動に時間を費やしているかということ。

こうして自宅までを毎週エホバの証人の集会場として提供するようになる頃には家族まるごと洗脳状態の完成ものみの塔協会のためならどんな面倒くさいこと、辛いこと、金や時間のかかること、それらを提供出来ることが喜びになる

これがものみの塔協会によるマインドコントロールの恐ろしさ。こうなると家族まるごとものみの塔協会の奴隷となり、何もかもをむしり取られてしまう。その先に待つのは一家離散、家族の崩壊。

信者の老後の面倒までものみの塔協会は関知しない。エホバの証人を続ける限り待っているのは老後破産。エホバの証人たちは寄付するのをやめて、老後に備えるべき。そもそもエホバの証人をすぐにやめるべき。

あなたの全財産を奪うカルトによる洗脳


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください