荘厳な宗教施設とエホバの証人の王国会館の違い

宗教施設に宿る人々の力と思い

私は、エホバの証人をやめて、キリスト教や宗教そのものを忌避する志向に陥っている時期があった。

エホバの証人の子供だったために、異端のキリスト教の寺院である諸教会や日本の寺社仏閣を避けるよう教育を受けた。宗教施設に対するエホバの証人の偏見がなかなか拭えなかった。

その上、エホバの証人というカルトの被害でひどい目にあった。宗教はもうこりごり。神はいない。無宗教無神論者ですと。

それが、ここ最近では文化財が好きなだけに古今東西の教会から寺、神社などを巡るのが趣味になった。特に、世界遺産のように文化財として建造物の価値が認められている場所が良い。

崇拝しに行くのではなく見聞しに行く。大概の人の宗教心なんてそんな程度。エホバの証人のように、何もかも全て神(ものみの塔組織)に捧げる必要などない。それこそ危険なカルトの要求。

キリスト教の教会はエホバの証人の王国会館とは違い荘厳な雰囲気。多くの人が精魂込めて造り上げた装飾に何らかの力が宿っている。

日本の社寺も同様。精緻な彫刻とそれを維持する人々の努力の結晶。簡易建築のエホバの証人の王国会館とは訳が違う。そして数千年もの昔から、多くの人が祈りを込めたパワーがそこにはある。

宗教施設に宿るのは人間の技術力や努力、そして願いや祈り。神が鎮座している訳ではない。人が自分の姿や心に似せて神を造った。それを理解していれば正当な宗教施設は怖くない。

人間の姿に似せて想像された神

エホバの証人の王国会館とは?

エホバの証人の王国会館、羊を迷子にして喰いものにする仕掛け

私が目の前を通り過ぎてぞっとするのは、エホバの証人の王国会館を含めたカルトの宗教施設。無機質な建物の外見と頻繁に集結する信者。

収奪性と強要という悪意がそこにはある。清潔感を意識したシンプルな外観は人々の宗教への抵抗感を和らげるためのワナ。カルト宗教は、来るもの拒まず、去るもの追わずという宗教の基本的姿勢から逸脱している。

ただひたすら信者を増殖させることを目的としている。そのため無駄な拒否感を生まないよう施設の外観をさっぱりさせている。外観とは裏腹に、内実は信者から金も時間も何もかも全てを吸い上げる仕組みが徹底構築されている。

エホバの証人の王国会館にはさりげなく寄付箱が置かれているが、私の両親は毎月決まった額を寄付箱に入れていた。

好きなときに好きなように参拝することで自身に好影響が生まれるのが理想的な宗教。毎週3回この時間に2時間ずつやって来いと強要されて宗教施設に行くのはただの苦行。

時間と金を徹底的に収奪され、価値観を強要され、行動を変容させられる。そして自由意志が奪われ、思考停止。

自分を見つめるための宗教が、自分の時間を失うことで自身の行く先をも見失わせてしまうカルトは迷子の子羊を集めて救っているのはなく、羊を迷子にさせて取って喰っているのだ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください