ものみの塔的処世術と役に立たない特権

子供の頃からJWに洗脳されると・・・

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人の二世信者として育てられた。

エホバの証人とは通称JW(Jehovah’s Witnesses)というキリスト教系の新興宗教。ものみの塔聖書冊子協会が母体となっている。二世信者とは親がやっている宗教をもれなく踏襲させられた子供のこと。

私はエホバの証人を自分の意思でやめた。14歳になる前後のこと。14歳でエホバの証人をやめるまで生活の規範となっていたのが、ものみの塔協会の戒律。また、ものみの塔協会が語ることが真理であると疑ってもいなかった。

末端のエホバの証人には、人間的に未熟で愚かな人が多数いた。ネチネチとした噂話や陰口が止まらなかったり、抜群に空気が読めなかったり。彼らは自身の愚かさゆえに、ものみの塔協会の発信していることを充分に受け止めきれていないのだと、JW脱会前の私は思っていた。

しかし、ものみの塔の出版物を発行しているような組織内で上位に君臨する人々は紛れもなく優秀であり、それでいて裏表なく人々に分け隔てなく接するような聖人君子であると思っていた。

実際に、現在に現れたキリストのように会衆の長老や巡回監督の一部の信者のことを思っていたこともある。会衆とは成員100人程度の信者のグループ。長老はそのリーダー的存在。その上に複数の会衆を束ねる巡回区の監督、巡回監督が存在する。

彼らはとても献身的で、ものみの塔協会の規範や思想を完全に遵守している人々だと子供の私は信じていた。さらに、彼らは自身が神により選ばれ優秀であることにも決して奢らない人々であるとも。

これが幼い頃から、ものみの塔協会のみが真理を語り、組織内で選ばれた人は神により選ばれた人だと洗脳され続けてきた結果。

事実のところはそうでもない。権力をかさにきたセクハラまがいの事件だったり、邪魔者を組織から追い出していくような泥沼の政争の現場がエホバの証人組織。

エホバの証人の長老が暴力を振るう原因3つ

ものみの塔協会の飼い犬エホバの証人と人間の尊厳を損なわせる特権

ものみの塔的立ち回り

私の父親も会衆の長老を務めていて、エホバの証人の中でも模範的と言える人物の端くれなのだろうと私は思っていた。末端の信者の考え方や能力に関しては疑念を挟まざるを得ないが、組織の上に行くにつれて、人物性や能力には疑いの余地が無いと私は信じ込んでいた。

エホバ神は存在し必ずハルマゲドンは起こる。こうも信じ切っていた。ハルマゲドンとはこの世の終わり、神エホバが下す最後の裁き。このハルマゲドンで正しいエホバの証人以外は全員死に、エホバの証人だけで地上が楽園に造り替えられるという設定。

末端の二面性のある貧乏臭い信者たちはどうだか解らないが、私の両親くらいにそれなりに裏表なく誠意ある信者たちはその最終戦争を生き残ることが出来ると私は思っていた。

これがものみの塔教団による子供の頃からの徹底的なマインドコントロールの成果。

今となってみると考えてみると組織の中で上位にいる信者たちの立ち居振る舞いはエホバの証人的見地から見事なだけ。彼らはエホバの証人的処世術を極めていて、卒なく権力のある信者についていき特権を増していく。

さらに彼らは陰口を叩くベテラン女性信者を上手く手なずけ足元を救われないように。これがものみの塔的立ち回り。

当然、自分がものみの塔協会の教義を破ることはないのだが、その抑圧の発散として組織内での特権を増していくことで自己顕示欲を充足させていた。さらに与えられる特権は神から与えられる素晴らしいものだとも洗脳されてもいる。

巡回監督クラスになると定職にも就いていないし、保有しているものはエホバの証人組織内の肩書きだけ。そんなものは世間では何の役にも立たないので、エホバの証人組織では立場が上に行くほど、人間としては最下層へ近づいていく。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください