人間の姿に似せて想像された神

神々という虚構を造り出したのは人間

エホバの証人はエホバの証人しか愛さない。家族であっても同じ。家族がエホバの証人的罪を犯し、組織から破門となる排斥処分を受ける。すると、家族であっても愛情量を大幅に削られることになる。

洗脳下のエホバの証人は親子・家族の絆よりも神(というか、ものみの塔組織)を優先させる。

子を取るべきか神を取るべきか、結論は単純。子だろ。そんな簡単な決断すら誤る精神的に未熟な親に対して、神は厳しい試練を与えはしない。

息子を屠れと言われたアブラハムやその子イサクとは我々は違う。アブラハム親子はキリストの祖先となる選ばれた血統だった。命をかけても親子の信頼関係と神への愛情は揺らがなかった聖人。

そこら辺にごまんといるエホバの証人親子とは訳が違う。ほとんどのエホバの証人の親子はものみの塔協会への信仰を巡って親子関係を決定的に損なうことになる。片方がエホバの証人をやめれば、家族関係に異常をきたす。

アブラハムに犠牲として息子のイサクの命を求めたのは神。しかし、エホバの証人信者に親子関係の決裂という犠牲を要求しているのは神ではない。世界に無数にはびこる新興宗教組織の1つに過ぎないものみの塔協会。

洗脳下にあるエホバの証人には信じがたいことだろうが、神のために人がいるのではない。人間のために神が存在し宗教がある。そもそも人間が神の創造力によって造られたのではなく、神々が人間の想像力によって生み出された。

自身への愛情のために息子を捧げよという残酷なことを口に出来るのは、その神が人間による想像の産物だから。人間の持つ残酷な一面が虚構の神によって浮き彫りにされている。

神の姿に似せて人間が創造されたのではなく、人間の姿に似せて神が想像された。ものみの塔協会の主張するエホバもハルマゲドンも所詮はこの人間の想像力から派生した紙屑みたいなものに過ぎない。

エホバ「アブラハムさん~、息子をぶっ殺しなさーい」

ものみの塔協会による洗脳の解き方

エホバの証人をやめるときに問題となるのは、家族の中に現役信者がいる場合。家族全員が一致して同時にエホバの証人をやめるのが理想。時間や気持ちに余裕があるのなら家族で徹底的に話し合うことが望ましい。

これはあくまで理想で、そうは問屋が、というかものみの塔が許さない。徹底的に信者を洗脳しているから。

私の両親のようにエホバの証人組織を離れるタイミングにちょっとでもズレがあると、家族や夫婦の関係に問題が生じる。片方は酩酊状態とも言える深い洗脳状態、そしてもう片方は覚醒したばかり。

覚醒後はエホバの証人1人1人に対してさえも強烈な嫌悪感を覚えることがある。この感覚の違いは家族間の決定的な決裂を引き起こす。

深い洗脳状態にある家族にものみの塔協会の偽善的体質やエホバの証人の矛盾を熱烈に説くのは良くない。マインドコントロール下にあるエホバの証人信者はそれをサタンの攻撃だと信じ込まされている。家族がサタンの手先になってしまったと思い込む。

ソフトに忍耐強く、かつ深い愛情を持ってものみの塔協会の教義の矛盾をさりげなく指摘していくしかない。

それだけの心の余裕があればの話だが。


“人間の姿に似せて想像された神” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください