エホバ「アブラハムさん~、息子をぶっ殺しなさーい」

エホバが嘘な理由

私は生まれながらにエホバの証人二世としての生き方を強制された。子供の私の選択・自由意思は関係なく。挙句の果てにこのカルトのおかげで一家は崩壊。よって個人的にものみの塔が大嫌い。

さらに好き嫌いだけではなく、ものみの塔を崩壊させるべきという使命感を感じている。無垢のエホバの証人たちの洗脳を解くべきだと考えている。

エホバの証人たちが不毛な活動をしても何も益がないから。何も産み出さず有害なだけ。よってエホバの証人をゼロにし、ものみの塔を崩壊させる必要がある。そのためにエホバという神の存在が嘘な理由を説明しよう。

聖書にある記述で、エホバはアブラハムに息子イサクを犠牲にせよと迫る。

エホバ「アブラハムさ~ん。息子をぶっ殺しなさ~い」

「アブラハムさん息子をぶっ殺しなさい」とか言える?ちょっとでも愛があったら無理っしょ。ガチで殺ろうとしたアブラハムの方もイカレポンチ。親失格。

つまりは日本の感覚に合わないので、こいつらは中東の神、中東の神話。それを無理やり西洋人が政治に利用したのがキリスト教。さらにそれを集金ビジネス化したのがものみの塔協会

日本人の感覚で、神エホバのために息子を捧げます。殺しますとかおかしいでしょ。

百歩譲って、織田信長に言われて、徳川家康が息子を斬ったくらい。これは神とかよく分からんものではなく、自身、もしくは御家のため。それも歴史に名を残す偉人クラスの話。

一般日本人に子どもを犠牲にする感覚ってない。自分の命は要りませんから子どもだけでもというのが一般人の感覚。

それを求めてくるのがこのアメリカ発の新興宗教、カルトのエホバの証人。こいつらは頭悪いので、聖書の実例をそのまま現代の一般生活にあてはめちゃう。応用力ゼロ。小学校からやり直してきた方が良い。

応用力ゼロのものみの塔協会

エホバ「アブラハムさ~ん。息子をぶっ殺しちゃいなさーい」この変態発言をそのまま現代日本人にもあてはめなければならないと信じている。

結果、輸血拒否で死んだエホバの証人の子供が存在する。

自分や家族の命よりも大事なものなんてそうそう無いって。オレたちみたいな一般民間人には特に。

神エホバを第一に。ってバカですよー。何故か。

エホバっていませんから。存在しないもののために命を投げ出して輸血拒否で子ども死なせちゃうとか。狂気の沙汰。不毛。虚しすぎる

架空の存在のために命がけって愚かすぎる。

なぜ架空の存在と言い切れるかって?

エホバ「アブラハムさーん、息子ぶっ殺しなさーい」なんてのを崇め奉っている集団がものみの塔協会。おかしいじゃん。こんなものをそのまま日本に持ち込んで有難がっているって。

この意味不明さが「ものみの塔=虚塔。エホバ=架空」である証拠。少なくとも日本にはエホバはいない

中東のアブラハムが住んでいた地域には、そんな神がいたのかも知れない。過酷な不毛な土地で、息子の命をも捧げたくなるような土地に。でもその神は日本人のためのものではないし、そもそもエホバって名前じゃない。

エホバってのは、米国人が金儲けや虚栄心を満たすために造り出した架空の神。偶像と同じ。それが何故かそのまま日本に持ち込まれちゃっただけ。絶対に絶対にそんな架空の偶像のために、子供や自身の命をかけるなんてしちゃダメ。

『解毒』~輸血拒否と洗脳されやすい人


“エホバ「アブラハムさん~、息子をぶっ殺しなさーい」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください