インテリジェントのない神エホバは野蛮神(やばんじん)

恐竜を全無視するものみの塔協会

エホバの証人は進化論を否定している。すべてのものには創造主がいるという創造論を主張しているから。インテリジェント・デザイン論だって・・・。日本のエホバの証人はすぐに英語を使いたがる。

ボランティアとかブロシュアーとかシンポジウム。激ダサ。

エホバの証人にとって、進化論の権威であるチャールズ・ダーウィンなどは目の敵にされている。こうなると都合が悪いのが恐竜の存在。

エホバの証人は科学的に創造論を証明していると言っているのだが、恐竜の存在は全無視。ものみの塔協会の出版物の創造のシーンなどに恐竜の挿絵は出てこない。すべて黙殺。

化石が大量に出ちゃっているので、存在を否定できないのだが、神が秩序正しく予定通りに世界を設計したという聖書の辻褄が合わなくなる。

クロマニヨン人とか先史時代の人類についても全無視。都合が悪いと無視。それでも権威として引用したければ、一部分だけを恣意的に引用して使うのがものみの塔協会の常とう手段。

世界は秩序正しく設計されて創造されていない

そもそも世界は秩序正しく設計創造されていない。秩序があるならハルマゲドンで一掃とか必要ない。

エホバの証人が存在を主張しているエホバってやつは癇癪もちで嫉妬深い気持ちの移ろいやすい神。

最初は「イスラエル人だけが~」とか言っていたのに、そのうちに「全人類が~」と言い出す。そして「自分の息子を犠牲にして~」とかぬかすド変態野郎。ドMの毒親。挙句の果てには「全人類を滅ぼしちゃうぞ」と言い出す幼児性

こんな輩が秩序正しく世界を設計できる訳ないって。失敗作の泥人形をもう一回潰そうとしているだけ。

世界の成り立ちに意思が存在してもそれはエホバではない

何らかの意思のようなもので世界が設計されていたとする。でもそれってものみの塔協会の主張するエホバという創造神ではない。

ものみの塔ってエホバの証人による幼児の性虐待を隠蔽したり、ブルガリアでは輸血解禁してるのに、日本人は輸血拒否って死ねとか矛盾だらけで平気な組織。

こんなものみの塔協会が語るクソ神が万物を創造できる訳ない。

よってインテリジェント・デザイン論は結構なのだが、そのインテリジェントはエホバではないよ。そもそもエホバにインテリジェント(知性)はない。

ハルマゲドンで世界中の人間ぶっ殺します。とか言っている奴に知性があるか?破壊神サタンと変わらない。野蛮神(やばんじん)。

『仁義なきキリスト教史』

イエス・キリストはゲイだった


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください