エホバの証人2世の大いなる受難

エホバの証人二世の野外を連れ回される過酷な幼児生活

エホバの証人の2世には過酷な生活が待っている。私は、幼稚園や保育園という幼児教育を受けていない。同年代の幼児が昼寝をしているような時間には、母親に野外での伝道奉仕活動に連れて行かれていた。

伝道奉仕活動とは、かつてエホバの証人がエホバの証人らしさとされた活動のこと。信者たちが決まった場所に複数人で集まり、ペアを組んだり、親子だったりで家から家へ呼び鈴を鳴らして周りまくる。

「ボランティア活動で来たのですが」と始め、信者の勧誘を行うのだ。集合する場所、周るエリアは漏れがないように周到に計画されている。留守だった家は地図にマーキングされ、後日、留守宅訪問と称してやってくる。

これが雨でも雪でも炎天下でも、ひたすら家から家へと2時間から3時間も歩かされるのである。宮沢賢治かと。こんな修行僧のような生活を、喜びと感じる幼児がいるはずがない。

子供ながらに尋常でないストレスにさらされる学校生活

小学校へ入学すれば、野外での伝道奉仕活動という苦行から逃れられるのかと言えば、そんな旨い話はない。

ものみの塔協会は、自分たちだけが唯一の真理を語る組織であると、自称している。他の宗教はもちろんのこと、キリスト教の他の全ての宗派を否定している。よって全ての宗教的な行事をエホバの証人は行わない。

当然、エホバの証人2世にもその被害は及ぶ。クリスマス、節分、バレンタイン、給食前の合掌、そういった宗教臭のする全ての学校行事に参加することが出来ない。他の宗教、思想を一切認めないという了見の狭さがエホバの証人の凝り固まった思考を育んでいるのである。

特に給食は毎日のことで、私にとっては非常に大きなストレスだった。給食の時間になると腹痛が起こることがよくあった。合掌しないだけなら、まだマシなのだが、エホバの証人は食事の前には独自のスタイルで祈りを捧げなければならなかった。

両手を握り合わせて、目を閉じるという、子供ながらに恥ずかしいスタイル。心の中で「天におられます父エホバよ。今日のパンに感謝します。迫害にあっている南アフリカの兄弟姉妹に平穏が・・・云云かんぬん・・・イエスキリストの御名を通じて、アーメン」とやるのだ。

できるだけ早く終わるように、心の中で早口で唱えるのだが、これが終わる頃には、周囲の奇異の視線で食欲も完全に失せる。エホバの証人をやめた後、初めての給食はものすごく美味しく感じたのを覚えている。

またエホバの証人の教義では、武術、選挙、国家や校歌の斉唱なども禁止。武術は柔剣道から相撲、騎馬戦まで全て禁止。エホバの証人の使っている新世界訳聖書に書いてある

彼らはもはや戦いを学ばない

の一節によるもの。そのためエホバの証人は徴兵にも一切応じない。

選挙は、小学校の選挙もNG、学級委員から生徒会まで全て禁止である。国歌、校歌は歌わないし、応援などもできない。

その都度、学校の先生へ信仰を証言し、できませんと言わねばならない。これが、まだ小さな子供に求められるのだ。幼い私にとって途方もないストレスだった。

エホバの証人の禁止事項については禁止事項の多いエホバの証人2世の学校生活は苦難の連続

不幸なエホバの証人の2世についてはエホバの証人の子供に生まれた不幸


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください