エホバの証人の教義とその特徴である二面性

ハルマゲドンとパラダイスからのまさかの復活という夢物語

エホバの証人の教義では、三位一体を否定し、イエス・キリストの親とされる神エホバのみが崇拝の対象であるとされている。

神・聖霊・キリストが一体だろうが、別人格だろうが、日本人にとってはどうでも良いことなのだが、キリスト教界隈では重要事項で論争になっている。だがエホバの証人が三位一体を否定するのなら、実際は三位一体が正しいのだろう。

なぜならエホバの証人の教義は全否定しておくのが吉だから。近代アメリカ人が始めた新興宗教が正しい訳がない。カルトの証人が言うことは全て疑ってかかるべき

エホバの証人のオモシロ教義はさらに続く。

間も無くこの世の終末となるハルマゲドンが起こり、神エホバに背いた悪魔サタン率いる悪霊一派や、エホバの証人でない人々は神によって滅ぼされる。逆に、エホバの証人たちは、ハルマゲドン後の楽園で永遠の命を手に入れる設定になっている。

エホバの証人の教義では、霊魂や地獄の存在を否定し、人は死ねば土に帰り無になると教えている。ただ、神の目から見て正しいエホバの証人であれば、ハルマゲドン後に復活し、パラダイスになった地球で永遠に生きられるという特典が与えられるとされている。

失笑を禁じ得ないトンデモ教義の数々。

エホバの証人をカルトたらしめる輸血拒否の教義

さらに最も特徴的なカルト教義が、血液を神聖なものとしてとして輸血を拒否すること。そのため、輸血拒否で死に至ったエホバの証人の信者もいる

エホバの証人は新世界訳という独自の翻訳による聖書を用いていて、その中に

彼らはもはや戦いを学ばない

という記述がある。そのため、兵役を拒否する信者や、学校で武道の授業を受けない子どもの2世信者もいる。日本だと銃剣道の授業を受けず、進級の可否で裁判沙汰になったことがある。

エホバの証人二世が剣道事件で失った貴重でかけがえのないモノ

実生活に被害が出たり、命を失ったりするので、エホバの証人はカルト宗教である。カルトの証人。

ものみの塔協会の特徴である二面性

輸血拒否の教義で死に至った信者がいるのだが、実は、ものみの塔協会は一部の国で輸血を解禁している。これは他国の信者には明かされない事実。輸血解禁と輸血禁止を使い分ける態度は、ものみの塔協会の二面性を象徴している。

ものみの塔協会は時代時代ごとに、権力者に媚び便宜を受けようとしてきた。過去の大戦中はヒトラーに迎合し、現代では自らが緋色の野獣と攻撃する国際連合のNGOに何食わぬ顔で加入していた。

こういった都合の悪い真実は信者たちには隠蔽されている。この世のメディアに触れることはサタンの誘惑に晒されることであると、うまく信者たちをたぶらかし、外部の情報に触れないようにしている。

反面、外部の権力構造に媚びる姿勢は、エホバの証人が批判する娼婦そのもの。ものみの塔協会は売女。(ものみの塔協会は他の宗教を娼婦と批判している)

このものみの塔協会の二面性は、信者であるエホバの証人や、幼い頃から親や大人の顔色を伺って成長してきたエホバの証人の2世信者にも強く受け継がれている。

合掌しないエホバの証人の祈り方から伺えるものみの塔協会の二面性


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください