ハルマゲドンでやけっクソのエホバの証人2世

エホバの証人2世の深い洗脳状態

私は生まれながらにして、エホバの証人という宗教の二世信者だった。

エホバの証人とは米国由来のキリスト教系の新興宗教。ものみの塔聖書冊子協会という宗教法人によって運営されている。二世信者とは親の一世信者の信仰を強制される子供のこと。

人間の短い生の貴重さに気付き、ものみの塔協会の言いなりになって生きていてはいけないと判断したのは私が14歳のとき。両親との決別を覚悟しエホバの証人をやめた。

エホバの証人をやめてから10年ほどの間、いつか私はハルマゲドンで滅ぼされると信じていた。

ハルマゲドンとはものみの塔が預言する終末のこと。エホバの証人以外はハルマゲドンで滅ぼし尽くされる。その後、地上はエホバの証人だらけの楽園に生まれ変わるという設定。

14才以降の私は、楽園で一切の快楽無しに永遠に生きるということに価値を見出さなかった。今でも同じ考え。しかし、

20代前半までの私はものみの塔の洗脳から完全に脱却した訳ではなかった。神エホバやキリスト、悪魔サタンは存在する。ものみの塔はある種の真理を語り、ハルマゲドンも近い将来に起こると信じていた。

14才~20代前半という若さゆえの無邪気さではなく、幼い頃からのマインドコントロールの成果。毎週3回の王国会館という集会所での洗脳集会、家庭でのものみの塔書籍での洗脳教育、日々の祈り、その反復で思考が犯されていく。

エホバの存在に疑いの余地は無かった。王国会館のエホバの証人たちは人間なので未熟。ものみの塔協会の教義も未だ不充分な箇所があるという感覚はあった。これはものみの塔協会が用意した逃げ道。

神エホバは完全完璧だが、その意思の中継手段であるものみの塔協会は人間によって運営されている。情報の伝達に誤差が生じることはあるという言い訳。

子供にとって悪影響でしかないエホバの証人という宗教

ものみの塔という偶像からのエホバの証人二世の解放

エホバの証人2世の死生観

私は自分の寿命の範囲内でハルマゲドンが勃発するということを信じ切っていた。天寿を全うし、老衰で死ぬというような感覚はゼロ。どうせ神の是認は得られていない。不慮の事故で死んだり、病気で死んだりする可能性も高いと思っていた。

私は10代のうちに自動車の全損事故を2回も起こしている。無謀なスピードで走り激突事故を起こしたり、飲酒運転で捕まったりしたこともある。車が大破した2回の交通事故の際にはシートベルトすらしていなかった。

スピードメーターがリミットを超えて振り切れている刹那が気持ちよかった。継続して生きるという生への執着は希薄だった。

ハルマゲドンで私は滅ぶし、そもそも長生きは出来ない。そういった前提があったので、自身の身体や生命を大事にするという感覚が皆無。

天から降ってきた火球で体を焼き尽くされ苦しみながら死んでいく。そんなハルマゲドンの夢を子供の頃から見る自身の命がある程度は長く持続する、継続するという感覚が普通の子供とは全く違った。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください